2005年11月17日

なんか最終防衛ラインって感じ。

さーて、大変な状況になってきましたよ。

うぎねの数値がハネあがりました!(>Δ<)

前回の猫記事で、うぎねの我儘と新メニューについて書きましたが
実は、翌日の朝には新メニューにも我儘状態だったのです。
新メニューはレトルトなので汁気が多く、しつこく舐めてはくれるんですけどね。
でも舐めるだけで、ほとんど食べてくれません。
この時点で、まず間違いなく腎臓の悪化だろう、と察しはついてました。
我儘の大半は体調不良のシグナルですからね。
たいがいはアイテム詰まりだったわけですが、まぁ今回は最悪パターンというわけです。


ちなみに最もヤバい上昇数値は
BUN     前回92.3 → 今回155.9(正常値17.6〜32.8)
クレアチニン  前回 5.6 → 今回 15.3(正常値0.8〜1.8)

この正常値の落差を見てくださいよ。あぁヤバいヤバい。
当然体重も落っこちて、4.48kg
つまり最近の我儘は、我儘でもなんでもなく
具合悪くて舐める気しか起こらなかった、というわけです。

何度か書きましたが、腎臓疾患は不治の病で確実に病状は進行するものなので
いつかはこういう事態になるのは判っていましたが
なんとなく『このまま今の状態が続いていく』ような気持ちでいたんですよね。
食が細い意外は、一見元気な猫ですから。
こうしていざ現実的な数字を突きつけられると、正直キッツイですねぇ・・・

ともかく、この時点で選択肢は2つです。

@入院して点滴病院生活。
A毎日点滴通院。


色々考え、獣医さんとも相談し、Aでいくことに決定しました!
入院は、やっぱりうぎねが可哀想で(T−T)
完全室内飼いで外に慣れてないうぎねには、入院はかなりのストレスですから。
あと、お財布に優しい、というリアルな判断も働きました。
入院だと、1日に1万近くはかかります。
通院なら、1回3千円程度で済みますからね。
あくまで点滴のみの金額ですが。(ちなみに再診料コミです)
これに月一で血液検査、毎週の薬代、療法食を計算すると・・・

毎月10万ですか・・・( ̄ロ ̄lll)
・・・ええと、ちょっと待ってくださいよ?
家のローンが5万ですよね?光熱費が約3万ですよね?
で、手取りが20万ないですよね?・・・考えるのヤメようか
まぁ、アレですよ、なんくるないさ〜

ともかく、うぎねが最優先事項ですからね!
今はべろべろ執拗に舐める意欲はある猫なので、点滴の回数を増やすことで
腎臓の負担を軽くする作戦発動、なのです!
これでちょっとでも楽になって、食欲が戻ればいいんだけど。

ちなみに、これで症状が改善しなければ、入院しての24時間点滴になります。
現状での最終的治療手段ですね。
勿論、これも進行を鈍らせるだけなんですけどね。腎臓って大事ですよー。

あと老婆心ながら、ペット保険には必ず入りましょう!
うぎねの発症前は、まだ普及していなくて入れなかったのですが
ワクチン等例外を除いて治療費が半額になりますので!
アニコムさん(HPはこちら)などがポピュラーですね。
絶対お得なので、必須!と言い切ってしまいますよ。

さて、職場にも無理言ってシフトは調整しました!
明日から日参ですよー!!( ̄△ ̄)/
posted by るしは at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック