2005年10月25日

うじゃの右側

うじゃが相変わらずなので病院行ってきました。
色々調べてもらいましたよ。
いやぁ、銀行行っといて良かったですよ。
ほとんど検査フルコースでした。

まず疑われたのは貧血症状。
うじゃったら顔面蒼白になっていたのです。
それで血液検査をしてみたのですが
赤血球の数値は正常値でした。
単にビビって青ざめてただけらしい・・・
他の値も軒並み正常値だったのですが
ただ一つ、正常値ぶっちぎりの項目がありました。

CPKという、筋肉の炎症や、神経系の損傷で上がる項目です。

21日の記事で触れている『前回の検査』で
やはり高かった数値ですね。
その時は右前足びっこだけだったので
打撲と判断されたのですが
今回はちょっと様子が違います。
目にライトを当てたり
かんしで背骨や肉球を挟んだりして
反射反応を調べてみると
右側全体の反応が鈍い事が判明しました。

どうやら、犯人は神経みたいです。

念のためレントゲンも撮ってみましたが
やはり骨には異常なし。
そんなわけで神経の伝達を助ける注射を打ってもらいました。
これで一晩様子を見て明日また病院です。
うまく薬が効いてくれればいいんですけどね。

前回、前々回も、この神経異常が原因ぽいですね。
歳をとると、神経異常が起こることはあるそうです。
うじゃももう、オッサンだからなぁ・・・
今まで健康だけがとりえだったのに(´Д⊂

他にも、背骨内部での神経圧迫とか
ちょっと怖い可能性も伺いました。
これを調べるには全身麻酔して
造影剤を打ってからレントゲンです。
ただ、この場合、手術は大学病院ですって(^−^;)
獣医さんは『まだその必要はない』と仰いましたが
今の療法で改善しない場合は
検査してもらうつもりです。

あと、レントゲンのおかげで気付いたのですが
(うじゃは初レントゲンなのです)
ちょっと心臓がデカいようです。
獣医さんは『気にする程じゃないから保留にしましょう』
と、仰いましたが、やっぱ気になるなぁ。
だって、一般的に心臓の肥大化って
つまりポックリ逝きやすいって事ですからね(T−T)
うじゃのはそれ程の肥大じゃないようですけど。

なんか一気にキタって感じです。
やっぱり歳とると色々出てきますね。

とりあえず
明日の朝、うじゃがご飯おねだりする事を
願ってやまないるしはでした。
posted by るしは at 20:39| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
るしは氏の猫好きも
いよいよ本物ですな。
「好き」というよりももはや
「愛」です。
三匹とも幸せだ。
PONとしてはるしは氏の
財政状況がすこーし心配だったり。
保険効かないしね。
Posted by PON at 2005年10月27日 12:08
>PONさん

あっはっは。給料日以降、既にX-box360買える額を猫に投入してますよ。えっへん♪
最近はペット保険もあるんだけど、うちのコたちは病気持ちだったり歳だったりで全員駄目でした(^−^;)
でも、猫出費はぜんぜん気にならないので大丈夫♪
Posted by るしは@管理人 at 2005年10月29日 02:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック