2005年08月27日

タイドラインブルー Vol.06 K2「K2」

鑑賞後、無性に「レッドオクトーバーを追え!」を読みたくなり
夜を徹して本棚を漁ったるしはです。

・・・結局見つかりませんでした(T−T)

う〜ん、おかしいなぁ。
「今そこ」「クレ枢」、あの冗長な「恐総」まであるのに
まさか第1作だけ処分するとも思えないし・・・
仕方ないので「レッドストームライジング」で我慢することにしました(^−^;)
こっちにも潜水艦戦描写はありますしね。

と、いうくらい良い水雷戦の感想は【続きを読む】でどうぞ!


ちなみに、上に列挙した省略タイトルは
みなトム・クランシーの初期のジャック・ライアン物です。
まだライアンがアナリストでいられた頃の物語ですね。
小説カテゴリではないので詳細はこちら(Amazonnリンク。時系列順のリストで分かり易いです)で誤魔化すとして
(あ、でも近代軍事スリラーの走りなんで一読の価値ありですよ!ソ連が現役だったりしますけどねw)
なんでいきなりレッドオクトーバーなのかというと!

タイドライン・ブルーに登場したからです!!

あの、魏の潜水艦です!
だって無音潜航装置ですからね!
もう誰がなんと言おうとレッドオクトーバーに決定です!
とかHanとかそんな名前は当ブログでは却下ですので!(笑)

やっぱりキャタピラーシステムなんでしょうかねぇ。
それとも理論上新しい技術が存在するんでしょうか?
あのロケット魚雷ってのも実在するのか気になります。
しかし、無音潜航+超高速魚雷とは凄いですね。
攻撃型戦闘艦としては無敵装備です。
躱したグールドとユリシーズの旋回性能に拍手!

それにしても久しぶりに素敵な潜水艦戦でした。
と、偉そうに言えるほど潜水艦モノを観てるわけじゃないんですけど(^−^;)
実写だと「Uボート」「眼下の敵」とか
クラッシックな二次大戦モノはいくつか観ているんですが
肝心の映画版レッドオクトーバーがつまらなかったので
近代潜水艦映画はほとんどスルーしていたもので。
アニメでも、まぁ「不思議の海のナディア」くらいですか。
(ナディアの潜水艦戦は解り易いうえにカタルシスがあって良かったです。ラストの展開は大嫌いですけどね
OVA「青の6号」は1話がつまらなかったので以降未見ですし・・・
(DC版ゲームは最高ですよ!癒しの深海で宝捜しが堪らないのです♪)

とにかく、そんなるしはにも
リアルと感じられる説得力と、カタルシスを両立させた希有な出来だったと思います。
戦闘シーンで緊迫感を感じたの、久しぶりじゃないでしょうか?
ホント堪能させていただきました!

展開としては
さすがにレッドオクトーバーのロケット魚雷は
グールドにも想定外だったのか
ジョゼ回収を断念しドゥーラビィーラに撤退です。

愕然とするラミウス艦長の表情からも
ドゥーラビィーラ突入が本来ありえない手段だと再認識。
技術?技能?ここらへん気になってしかたありません。

置き去りにされたジョゼの呆然とした表情が印象的でした。
ホントこのヒトはグールドに心酔してるんですね・・・
これからキール&ジョゼはしばらくユリシーズと別行動なんでしょうか?
市井に馴染んでなさそうなジョゼをキールが引っ張りまわす展開に期待です。
ジョゼがキールを見直したりとか、あるといいな。
(なんか星界の紋章を思い出します)
2クール番組でしょうから、案外あっさり合流かもしれませんが(^−^;)

フリーダムでの過去の物語もオープンされてきましたし
ますます今後が楽しみな番組です。
posted by るしは at 23:58| Comment(4) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはよう御座います。
ぼくはこの間、『レッド・オクトーバーを追え』 の上下巻を古本屋で買いました。
バイトが忙しくまだ読んでませんが。
『レッド・ストーム作戦発動』 は下巻がどこにもなく、近々ネットで購入しようと思ってます。
イスラの居ぬ間に、キールとジョゼの関係がどうなるか、楽しみですね。
Posted by あぷろん at 2005年08月28日 06:42
>あぷろんさん

わたしも「レッドオクトーバー」探して古本屋めぐり確定です。ホントどこやったんだろう(T−T)
ついでに最近の潜水艦小説も物色してみようかと思ってます。
(『レッド〜』も当時は最先端でしたけど、現在はさらに進歩してるんでしょうね・・・)
コンビニの食玩「世界の艦船」(だったかな?)の潜水艦に食指が動いたりと、現在プチ潜水艦ブーム真っ最中です。
タイドライン・ブルー恐るべし、ですね。(^−^;)
Posted by るしは@管理人 at 2005年08月29日 02:22
どうもです。PONです。
役所広司かっこいいです。
ショーンコネリーもすきですが
ゾウさんはもっと好きです。

潜水艦モノにハズレなしとか申しますが、やっぱ「イ−507」
いやいや「ノーチラス号(ナディア)」
どっこい「海底軍艦轟天」
眼下の敵の「Uボート」
とかキャーですな。
Posted by PON at 2005年09月09日 13:39
>PONさん

今度海底軍艦轟天の出てくる映画をレンタルしようかと思ってます・・・そうです、某ファイナルウォーズを!
北村龍平監督は「VERSUS」は好きなんですが、以降の作品がイマイチ(というか単にチャンバラ格闘がしたいだけのヒト?)なので凄く不安です(^−^;)

るしははゾウさんより黒猫派w
Posted by るしは@管理人 at 2005年09月09日 23:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

タイドライン・ブルー Vol.06
Excerpt: K2 「K2」 ああああああ。 操作をミスったのか、書き上げた記事が消えてしまいました。 せっかくバイトが早く終わってビデオ見たというのに…。 予定していた 『ぺとぺとさん』 の感想も書く気消失。 ..
Weblog: 黒猫型異星人ファン倶楽部・海賊版
Tracked: 2005-08-28 06:39