2005年07月06日

響鬼 二十二之巻 「化ける繭」

さて、また小学生の作文の時間ですよー。
一応ネタバレありなので
お暇な方は「続きを読む」をクリックでどうぞ!
ホントお奨めですよ、響鬼。
※ きゃー!記事タイトル修正!なんで次回のを(T−T)少年は布団を持ってきたんだね!
そうだよなぁ、具合悪い時は横になるのが基本だよね。
基本だけど咄嗟には思いつかないもんですよ。
素直に感心するるしはです。

さらに手まで握って安心させるですよ!
もっちーじゃないけど少年は変わったね。
確実に成長してく。
「何かが変わって」きてます。
座席譲るのに躊躇してたコがねぇ・・・ホロリ。
そりゃ、もっちーもオトメの恋心キラキラ光線を発するわけですよ。

前半の怪童子達とイブキ、トドロキの闘いも良かった。
ああいう立体的な組みたては大好きです。
頭数で翻弄し鬼さん達から武器を奪う童子達と
武器無し技で対抗するイブキ、トドロキ
それをサポートするあきら。
全員に見せ場があり、見る機会の他ない素手技も見れて
トドロキの2体同時横薙ぎも決まったし
イブキの殺し文句からの零距離射撃と
いや〜わかってますね。文句なしです。

あきらが怪我しちゃったのが気がかりですが。
前も謎の男との遭遇で倒れちゃったりと
このところ不運続きですからね。

それにしても
時々会話に出てきた特別遊撃班。
ずっとどんな連中か気になっていたんですが
ヒビキもその一員だったんですね。
なんとなく勝手に「血も涙もない特殊部隊」
みたいなのを想像してたので吃驚です(^−^;)

最後の合体魔化魍戦、翼と角を破壊して音撃も合奏です。
あれ、あいつ足はないのかな?と、そこだけクエスチョンマークが。
あとちょっと、魔化魍が身動き取れなくなるのに説得力あったら
完璧でした。惜しい!

さらに欲を言えば、せっかく音楽が素晴らしいのだから
音撃合奏も其々が別にかき鳴らすんじゃなく
ひとつの合奏曲になってたら格好良かったなぁ。

来週はなんか趣きが違うみたいですね。
謎の男や怪童子達も衣替え?
なんか楽しそうな様子がイイな。
予告のバックの色も違ったみたいだし
トドロキが撥握ってたりと
雑誌では早々と公開されてるライダー恒例色違いパワーアップ
(響鬼ではあえてやらないのかと思ってた!)
響鬼・紅への布石になるんでしょうか。

あとヒビキさんは免許持ってるんでしょうか。
とうとう専用バイクも公開されちゃってますし。

そこらへん色々気になってしかたがない次回
二十三之巻「鍛える夏」

また1週間が待ち遠しいです。
posted by るしは at 01:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

それが響鬼! 響鬼二十二之巻「化ける繭」感想
Excerpt: 最近、トドロキとイブキが共同戦線を張るよりもダンキさんのキレキャラが面白かった全国のヒビキファンの皆様!さっそく感想に入ります。
Weblog: CODY スピリッツ!
Tracked: 2005-07-07 01:00