2006年12月22日

今日買った物リスト

コメント付けたい場合は記事でUP。
とりあえず覚書的に羅列だけの場合はふりーぼーど、というマイルールを今決めた。

※ちょっと誤字修正を。森見明日香って誰だよw
【雑誌】週間ファミ通1/5・12合併号
あらためまして、「The Elder Scrolls IV: Oblivion」日本語版発売決定おめ!
あと気になったのは、やはり「イヴァリース・アライアンス」か。
それにしても、河津氏がイヴァリースを語るのには、やはり違和感を覚えずにはいられません。
別に河津氏が悪いわけでも、嫌いなわけでもないんですけど。
(偶然にも、彼がメインで関わった作品を、るしははほとんど遊んでいないのだ。サガフロ1くらいかな?)
松野氏の不在が、どうにも解せないんよね・・・るしはがこだわりすぎなのかな・・・どうにょろ?

【雑誌】電撃PlayStation1/12号
付録@シャイニング・フォース・イクサDVDと、ADENGEKI Re:Play Vol.1目当て。
特にRe:Playは、なんかCONTINUEっぽい誌面作りなのが気になって。
ま、イクサDVDにしろPe:Playにしろこれから観る(読む)んですけどね。
PS2雑誌は久しぶりに買ったなぁ・・・

【漫画】機動戦士ガンダムTHE ORIGIN14巻
普通に面白い。
るしはは、ファーストガンダムには「ロボットアニメに戦争を持ち込んだエポックメーキング」と認識してはいるものの、実はそんなに好きじゃないのですが・・・と書くと「嫌い」ととられそうですが、ようはるしはが萌えられるキャラ(男にしろ女にしろ)がいない、という一点につきるわけです。
しかし、ここまで面白いとモリモリ読めますね。
なんていうか、出来の良いNHK大河ドラマや、NHK特集のセミ・ドキュメンタリーを観ているような感覚に近いかも。
そろそろ過去編が終わりそうなので、いよいよ8巻以前も買う時かな?

【漫画】蟲と眼球とテディベア@巻
日日日と書いてアキラと読む原作者の小説は未読。
表紙に惹かれて中をチラ見して、絵柄で即決。
最近は入江亜季とか、桂明日香とか、こういう(と、ひとくくりに出来るかわからんけど)絵柄に惹かれます。
実は、漫画版BLOOD+を収集しようか迷い中なほど。
あ、入江亜季はマジオススメなのでみんな読んで読んで!
なんかエマのアシやってたらしいのですが、それ以前より同人でオリジナルな世界を構築してたらしく、なんとなく初期の萩尾望都のテイストなんかも感じ取れて、「群青学舎」「コダマの谷」は必読と言ってもいいと思う。
うわ、凄く脱線した!(汗)
ともかく、こんなオハナシだったのね、グリコさん!めだまーめだまどこー(意味不明)

【漫画】げんしけんH巻特装版
どきどきして外装フィルムを剥がすことすらままなりません。
ああでもドラマCDの荻上の声は気になるな・・・
それにしても「同人誌」のメンツの無駄な豪華さは何?安彦良和って!

【文庫】電車男
ハードカバーが見当たらないので買っちゃった。
誰かに貸したような気がする・・・?
ま、巻末に関係者の座談会とか載ってるからよしとしよう。

予算の都合で長谷川ガンダム2冊はスルー。
まずは古本でクロスボーンを集めなおさないとだわ。
posted by るしは at 23:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オリジンは過去編に入ってから、ホントに自由にやってる感じでおもしろいもんなぁ。
八巻までに死んだキャラはもったいないね。ラルとかガルマなんて今ならもっと違う書き方しただろうしね。

モビルスーツだと過去編のMS−05はかっこいいよね!オリジン出て一番得したのはこいつだろ。逆に可哀想なのは設計者にまで、「コレジャナイロボ」扱いされたキャノンさんだな。
Posted by mizuti at 2006年12月23日 10:39
>mizutiさん

そうね、確かに過去編でここまでヘタレキャラが立ったガルマが、もう出てこないのは勿体無いね〜。
そして確かにキャノンさんカッコワルスギw
でもある意味キャラは立ったね。同情票が集まりそうw
Posted by るしは@管理人 at 2006年12月23日 14:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック