2006年12月16日

エラゴンVSカジノロワイヤルVSアッシュ(違

やはり元旦には映画を観たいよね、なんて思うのです。

で、その候補ですが・・・

@エラゴン 遺志を継ぐ者(公式サイト)
るしはは書店員ですから、勿論原作小説の存在は前から知っていましたか、あまりにブサイクな表紙の竜(失礼)に、粗筋を確認することもしてなかったわけですが・・・
ひょんなことからその内容を知って俄然興味がね!

ふとしたことからドラゴンの卵を手にし、羽化させたためドラゴンと契約を結んでしまった少年。
そのドラゴンを狙い、王(悪のドラゴンライダー!)が放った魔物により、少年は両親を殺される・・・

そう、基本は復讐譚だったのだ!
しかも契約を交わしたドラゴンとドラゴンライダーには、相方が死ぬと自分も死んでしまうという一心同体縛りが!うはっ舞乙HiME!?
そして山場は当然、ドラゴンVSドラゴン!(だよねぇ、きっと?)
うはードラゴンランス懐かしい!とか思ったら観たくなっちゃいました!
今の所、るしは的最高のドラゴン描写は「ハリーポッターと炎のゴブレット」ですが、果たしてそれを越えることが出来るか!?
まぁ、ハリポタ以上の詰め込み&端折りっぷりとか噂は聞きますが、観てみたいかな〜劇場で。

ところで、エンターブレインからわんさと翻訳されたドラゴンランスの続編群は面白いんでしたっけ?

A007カジノロワイヤル(公式サイト)
実はるしはは007、イアン・フレミングの小説から入ったクチなんです。
当時、何故か両親は「子供にはHだから」と見せてくれなかったのです。
皆さんは小説007号の冒険第1作「カジノロワイヤル」を読んだことがありますか?
一般的な映画版007とあまりに印象が違うので驚くと思いますよ。
とにかく地味です。
任務、敵スパイを賭けトランプ(バカラ)で破産させること。
ボンド、つかまって延々拷問されたりします。しかも華麗な脱出とかナシw
実はボンド氏、小説版だと、毎回かなり痛い系の拷問をされまくります。モーターボートで珊瑚礁の上引き回しとか。
映画版だと、ハル・ベリーが出た回冒頭の、北朝鮮で捕まって拷問〜なあたりが近いかな?あそこが山場の前に長尺で来る、と思っていただければ。
そして、最大の山場・・・トランプ勝負w
で、今回のカジノロワイヤル、結構原作に忠実らしいのですね。
ちょっと確認してみたくなるじゃないですか。

BプレスリーVSミイラ男(日本語公式サイトないのかよw)
・・・だって、ブルース・キャンベル主演だし。
しかも監督がドン・コスカレリだし。生きてらっしゃったのですね!
(ファンタズム好きだったなぁ・・・銀色のフォーク付き球しか覚えてないけどw)
でも年始の一発目がコレでいいのかと理性が問いかけるのです(^_^;)
でもブルース・キャンベルはこれから主演作が目白押しなので(日本で目白押しになるかは未定w)全部押えてしまうというのも、アリかな。

さて、どれを観ることになりますやら・・・あ、念のためもう一つ候補を。

C家でゴロゴロして終わる。

一番ありそうだ・・・
posted by るしは at 14:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!kurosuiです。お邪魔します。
元旦に映画もいいですね!

確かに新年一発目から「プレスリーVSミイラ男」はどうしようって思いますよねw
↓日本語公式サイトありました。
でも予告編はすごく面白そう・・・
http://www.presley-miira.com/

るしはさんがこの中から何を選ぶか楽しみですw
Posted by kurosui at 2006年12月16日 20:24
007観ましたよ〜。
今回の拷問のシーンはちとホ○臭くて静かに噴出してしまいましたが(笑)
かなり痛々しいですよ。女性にはわからない苦痛ですが。
ボンドのキャスティングについて賛否両論ありますが、「7」だと思わなければ普通に面白いと思います。ワイルドなんで。


Posted by NORITA at 2006年12月17日 01:28
>kurosuiさん

あ、日本語公式あったんですね^^;
情報ありがとうございます。早速拝見!

・・・面白そうだ・・・ううむ、迷ってしまうなぁw


>NORITAさん

ご覧になったのですね〜そうですか〜拷問シーンは「ホ○臭」くて「女性にはわからない苦痛」ですか〜・・・

ま、まさか・・・((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

と、ともかくこれもまた観たさ度UPですw
う〜ん、迷います。
ここまで観たいのがバティングするのも珍しいかも?
Posted by るしは@管理人 at 2006年12月18日 14:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック