2006年10月08日

秋のアニメ新番組感想:簡易版

職場で昼食中、制服に盛大におでんの汁をこぼす・・・モチベ↓

いくつか新作アニメに目を通しましたよ。
んで昨晩せこせこ感想書きにいそしんだのですが・・・もー全然駄目。
長文を書ききる、というか纏める?パワーがホントない。
んなわけでカンタンにいっくよー。

【武装錬金】結構丁寧に作られていたな。
個人的にカズキの声が無理して少年声出してるように聞こえるとか、トキコさんも普段はいいんだけど「臓物をぶちまけろォ!」とか叫びにドスが聞いてないとかVOICEまわりに不満はあるけど、及第点でしょう。
あ、まひろは完璧でした。かーわいー声。
んで、バルスカはアニメ映えするな。もっと動かして。
エンディングが良いね良いね。連載版のエンディング思い出しちゃった。
頼むからバカップル描写増量でよろ!
視聴継続。もしかしたら感想やるかも。

【コードギアス反逆のルルージュ】種デスと同じ匂いがするんですが。
詰め込んだ1話。
登場キャラいっぱい。
センセーショナルなテーマと描写・・・
戦争をテーマにしながら、ろくな理論武装をしていなかった種デスと同じく、主題に対する傲慢な楽観を感じる・・・ってのは、しょっぱなから色眼鏡で見すぎですかね?
1話見たかぎり、物語はスクライドの再話に見えた。
あと、いいかげん即物的な虐殺シーンで手っ取り早く、な種デス式演出はやめよう?薄っぺらすぎる。
ブリタニアの非道さは、シリーズ通してじっくり描けばいいじゃん。
スクライドの時はそうだったのにね・・・やっぱ、リヴァイアスやスクライドが傑作だったのは、脚本の黒田氏の功績だったってことかな・・・ってこれもまだ早計かしら?
面白かったのは「氏ね」「イエス・ユア・ハイネス!」バキューン(笑)のトコと、白鳥氏の芝居くらいだった。
無常矜持ファンは必見だよ!イエスだね!
一応視聴は継続。

【天保異聞 妖奇士】帰宅してタイマー録画を再生したら、何故か「すもも」が始まって呆然。
縁がなかったってコトね・・・
(ちなみに「すもも」は冒頭のヒロインの声が生理的に駄目で即刻削除)
posted by るしは at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック