2006年09月19日

JAWS UNLEASHED

そんなわけで待望の一本!(≧∇≦)b
screen0005.bmp
【Win】JAWS UNLEASHD(US版)

どうも最近のるしはの洋ゲー運は「素晴らしい」の一言に尽きますね!
ハッキリ言ってハズレがない!
OblivionにしろDEADRISINGにしろ、そしてこのJAWSにしろ。

もしかしてこっちで幸運を使い果たして、PSUのリトライ運が最悪だったり、職場の環境がメタメタだったりするのかもしんないね・・・(ーー;)

ま、何が言いたいのかというと大当たりだった!ってコトさ(≧∇≦)b

※以下、追記部分には残酷な表現があります!(MATURE17+)
 閲覧は自己責任でよろしく!バラバラだぜ!


↑のタイトル画面から例の旋律がズンズンきてタマリマセン(^_^;)

screen0007.bmp
んで、最初はチュートリアル。
英語チンプンなるしはでもイヤでもわかっちゃいます。Wで前進ね〜♪

screen0001.bmp
すいすい〜。おお操作感は良好です。
なんかこの製作チーム、DCの「エコー・ザ・ドルフィン」作ったとこらしいです。
まさにあんな遊泳感覚。(路線は180度違うけどw)

screen0010.bmp
そしてマウス左でハグハグですよ。シーフードウマー

screen0011.bmp
すいすい〜と海上はこんな感じ。

で、チュートリアル様は情け容赦なく「ダイバーをハグハグしろ!」
と、仰います。ま〜命令だからね〜仕方ないね〜ニヤニヤ
screen0019.bmp
はぐはぐ〜v( ̄Д ̄)v

screen0020.bmp
「いやー!!」(何故か挿入される奥様の悲鳴)
チュートリアルで未亡人ですか・・・泣ける・・・

その後もチュートリアル様は仮借なく、「ビーチの遊泳客をはぐはぐ汁!」
と、仰います。強制だからね〜るしはのせいじゃないよね〜ニヤニヤ
screen0017.bmp
行くぜ!ビーチ!!( ̄Д ̄)/

そしてビーチは血に染まったといいます・・・

しかし、何が楽しいって、ハグハグされた側のリアクションがね!
特に、マウス左を押したまま(つまり噛んだまま)マウスをがしがし動かすと、ホオジロたん首を激しく振って噛み切れマス!v( ̄Д ̄)v
screen0012.bmp
アシカだって

screen0014.bmp
小鮫だって

screen0024.bmp
勿論ホモ・サピエンスもご覧の通り。
しかも噛めば噛むほど細切れだぜ。
おまけに人間の場合、アッタクする方向でリアクションが変わります!
側面からガブっといけば片腕ご馳走様!(´▽`)
下からだと、片足ご馳走様!!(´▽`)
で、もがきながら海面目指す姿がなんかリアル。
(こういう肝心なシーンに限ってSS撮り忘れ・・・_| ̄|○)
ちなみに頭をガブっといけばクリティカルっぽいですよ。
あと、Shiftキー押しながらだと、噛まないで咥えることが出来るようで。
他にも尾びれアタックとか、結構芸細です。

とか、遊んでると遊泳客はすぐ浜辺に逃げちゃうので、スピードが肝心ですね。
まぁ、ビーチで食い損ねても、ヨットハーバーの桟橋とかハグハグ壊しまくれば入れ食いですがw
弱っちぃボートで素人ハンターが撃ってきますが、溜めアッタクでボート転覆→ご馳走様です♪

と、調子に乗ってたら、ゴツイ船のデカい銛で捕獲されてしまいました・・・
screen0029.bmp
一瞬「バッドエンド!?」とか焦りましたが、こういう展開で1面クリアってことらしいですね。
(ここで獲得ポイント割り振って色々強化可能)
このままテーマパークっぽい水族館&研究所みたいなとこに監禁され、「IDカード奪って脱走しろ」とか、鮫にしては高等な要求を突きつけられます。
いきなり「JAWS3D」「ディープブルー」(勿論サミュエル・L・ジャクソンがはぐはぐされる奴ね)を足して二で割ったような展開に吃驚。
もうちょっとアミティ沖で自由気ままにはぐはぐしたかったぜ・・・
てか、1作目後半の展開を楽しみにしてたんですが、やっぱそこらへんはクライマックスですかね!?
銛で樽撃ち込まれて「潜れねー!」とかやりたかったんだけどw


てなところで今回は終了〜。
冒頭のムービー見る限り、石油採掘プラントとかまでぶっ壊してた(笑)ので、大海原には戻れそうです♪
とりあえず、ヤッカイなIDカードゲットですね〜。


それにしても、やっぱ鮫は可愛いな。
なんとなく、猫に通ずるものを感じるんですけど。(るしはだけ?)
う〜ん、「JAWS」と「ディープブルー」観たくなってきた。
明日の通勤時は、「メガロドン」引っ張り出して再読しようかな〜。

そんなわけで、オススメです♪
ヨンキュッパと、輸入新作ゲーにしては安いのもポイント高いね。

ただ、後半難易度が高騰しそうな気がしてならない。
確か「エコー・ザ・ドルフィン」途中で挫折してるのよね(^_^;)アハハ
posted by るしは at 01:53| Comment(4) | TrackBack(0) | PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、B級FPSよりきっちりしたストーリー展開(?)するんですね。
コレは欲しくなってきた。
Posted by うすねこ at 2006年09月19日 02:56
>うすねこさん

デモシーンに字幕がないので、ストーリーは想像力が頼りですw
(字幕あっても英語じゃわかりませんがww)
英語がわかったら、もうちょい人生が豊かになったな〜と思う今日この頃です。
Posted by るしは@管理人 at 2006年09月19日 15:38
洋ゲーすげーな!
やってみたいけど、英語がネックだな。
コレって日本語版出ないかな?出そうにないね。。
Posted by mizuti at 2006年09月19日 23:53
>mizutiさん

ローカライズは難しいような気がします。
明確に「ニンゲンを食い殺すためのゲーム」ですからね〜・・・でもやっぱ欲しいな日本語版(^_^;)

「ステート・オブ・エマージェンシー」みたいに、主人公を逆転した(つまりプレイターは鮫ハンターで敵が鮫な)続編なんかが、もし出たらありえるかも??
Posted by るしは@管理人 at 2006年09月21日 01:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック