2006年09月03日

上手に焼けました日記

るしはがPSUの鯖障害に寛大なのには、実はワケがあります。
大本命「デッドライジング」が控えている、というのも勿論アル。
しかし、オンラインRPG特有の中毒性の強い魅力は、やっぱ「別腹」。
そんなネトゲ的欲求を満たしてくれるソフトを、実は、通勤の行き帰りに堪能しているのでした。
MHP.jpg
そう、こちらの記事で無駄遣い暴露したPSPソフト「モンスターハンターポータブル」
さて、るしははPS2版「モンスターハンター」を飛竜卵運びクエあたりで投げた軟弱者なわけですが。
(クエの難易度とかじゃなく、単純にそこらで飽きた、って感じ)

・・・こんなに面白かったっけ?( ・ω・)

うろ覚えだけど、初代に比べて色々改良が加えられてる気はします。
確か、初代は倉庫の「整理」とか、家で自キャラを眺め回したり出来なかったはず。多分(^-^;)
前記事でも書いた操作系の変更も、るしはにとっては改「良」です。
据置機版は攻撃もアナログスティックだったんですよ、確か。
PSPはスティックが一つしかないので、ボタンに割り振られたのが功を奏した感じ。
PSPのネット機能が手探りだった頃に移植されたせいか、オンライン専用モードだった「街」要素が、オフラインでも楽しめるのも大きい。
勿論アドホック専用モードはあるけど、初代のオフとオンのバランスを考えれば、充分配慮されてるんじゃないかな?

しかし、そんなシステムまわりの話は、実は瑣末。

この生活感がなんとも。(-´Д`-)

倒したモンスの屍骸から皮や肉を剥いだり、その肉焼いたり(器具が出るのが良い)釣りしたり。
モンスも他ゲーのに比べると、「生態系」(と言うと大袈裟か)みたいなのを感じさせようと頑張ってます。
地面を嗅ぎまわるブタ型モンスの後つけて、特産キノコ採集したりね。
ツルハシ持って採掘ポイント探して肉食獣避けて走ったり。

それらの行為(剥いだり、掘ったり、食べたり)にいちいち無駄なアクションがあるのがまた。
単純にアクションゲームとしてみたら「なにその余計なモーション!そかも食らい判定アリかヨ!」なんでしょうが、その無駄さがグゥなんですよ。
なんとなく、EQ(初代)を思い出すんだろうなぁ・・・
この種の「生活感」「無駄さ加減」は昨今のネトゲではお目にかかれなくなってるので、貴重です。
(そういえば、UO、新グラフィックエンジン導入だっけか・・・)

で、いよいよ飛竜卵運搬クエが近付いてまいりました。
果たして、モンハンPはこのままPSPを占有し続けるのか?
はたまたDJMAXに再びその場を明け渡すのか!?
乞う、ご期待!!( ̄Д ̄)/


あ、そうそう。
PSP本体のスリープ機能。
コレのおかげでどこでも「中断」「再開」が出来るので、重宝しております♪
posted by るしは at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシューマーゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23152145

この記事へのトラックバック