2006年08月21日

XBOX360「DEADRISING」(北米版)キタコレ

DR_tyarinnko.jpg
イ〜ヤッホ〜イ!(≧∇≦)b

只今重度の頭痛に苛まれていますが、そんなん吹き飛ばす程に幸せ♪
というのも、先日カオス館に頼んでいたブツが届いたのですよ!
DR&Guidebook.JPG
XBOX360「DEADRISING」(北米版)&攻略本(洋書)

当初は買う予定じゃなかったんですよ北米版。しかし・・・

★リージョンフリー(つまり日本のXBOX360でも動作可)
★日本語版はゴア描写に規制アリ

このダブルパンチにやられました。
(どちらか一つだけだったら、スルーでしたね・・・)

さて、今日ほとんど一日を費やしたプレイの感想などを(^_^;)

■ゴア描写について。

まず、北米版購入動機のひとつである、日本語版では部分的に削除されるゴア、つまり残酷描写について。
日本語版では、ゾンビの人体欠損表現(腕がもげたり首が飛んだり)が無いそうなので、この点について、北米版をプレイしての私見ですが・・・

部分削除でもそんなに気にならないかな?

と、思いました。
というのも、ゲームのプレイ画面を見てもらえればわかるのですが、結構小さいんですよ、ゾンビ達が画面比率に対して。
これが「バイオハザード4」のようなシステムだったり、完全なFPSだったら、ゾンビのアップも多くなるので、各部位へのダメージ表現がないとリアリティを失うんでしょうけど。
やはり「大量のゾンビ」がコンセプトなのですね〜。
アレです、戦国バサラとか無双で、ザコ薙ぎ倒してるトコ想像してみて。
アノ感覚に近いですね。
だから、ゾンビの被ダメ表現がゴアでなくてもそんなに気にならないという。
血はドバドバ出るので、手ごたえがないってこともないしね。

ただ、これは無くすの勿体無いな、と思ったシーンが一つ。
特に切断系の武器でなくても、攻撃すると時々ゾンビの腕がもげることがありまして。
これがなんと武器として使えちゃう(^_^;)
これが一回しか使えない特殊な武器でして、これで攻撃するとどうなるかというと・・・

ゾンビの口にズブ!!( ̄□ ̄;)
しかも、ゾンビはそれを口から抜こうとしないので・・・ゾンビを無害化出来るという(笑)
(同様の効果を持つアイテムにバケツとかあります。頭に被せるとw)
このブラックユーモア溢れるアイテムに、自主規制入っちゃったらしいのです。
手首から先の手のひらの部分カット( TДT)
一見、なんだかよくわからない棒みたいなモノになっちゃいました・・・残念。

これ以外にも、例えば主人公がレベルアップすると覚えるスキルの一つ、
「腹に腕突っ込んでハラワタひきずりだす」
ってのとかも、もしかしたら削除かもね(^_^;)

ま、こういう瑣末が気になる人は、北米版をドーゾ!
幸いにもリージョンフリーですし♪(ただし英語だけどw)
実際、ゴア描写あるならある方買うよね♪

しかし、それでも「CERO Z」(18禁)なのは、残酷描写じゃなくて、
極限状況でオカシクなってしまった人々の行動
のせいなんだろうな。
結構イっちゃった人出てきます。
彼らの非道な振る舞いの方が、スプラッタ描写よりきますね。
序盤に、無秩序状況に乗じて脱獄したと思われる囚人三人組がお爺さん撲殺するシーンがあって、なんかレニー・ハーリン監督の映画見た後のような気分になりました。

※レニー・ハーリン:映画監督
まぁるしはの私見ですが、悪役がやっつけられた時のカタルシスを高めようと、つい悪役にあまりに非道なコトをさせてしばしば観客に引かれるコトがあるヒトなのです。
「ダイ・ハード2」の旅客機墜落とか、「クリフハンガー」のやたら殺される無実の人々とか。
いや、好きな監督なんですが。(最近ぱっとしないですね・・・)

そんなわけで、「CERO Z」は妥当だなぁ、と思いました。
しかし、発売日当日のショップの対応が気になりますね。
いかにも未成年なお客に身分証求めたりするのかどうか、興味あります。


さてお次は・・・
■ゲーム序盤感想

あ、ちなみにすでにネットにいろんな情報がガンガン飛び交ってるとは思いますが、るしははほとんど見ていません(^_^;)
システム等の感想で「何を今更」的なモノも出てくるとは思いますが、まぁそこはご愛嬌、というコトでひとつ。


すでに日本語版HPでも公開されているオープニングムービー。

イイね!(≧∇≦)b
やっぱS.T.A.R.Sが出てこないとイイ!
これこれ、こういうのを求めてたの!
こっちはゾンビが見たいのよ!
言いたかないケド田舎特殊部隊員のヒーロー的活躍なんか見たくないっての!

さて、本編冒頭。こちらも素晴らしい。
ジェイソン・スティサムとマイケル・ルーカー足して二で割ったような風貌の主人公(フリーのジャーナリスト)が、ヘリコプターから町の惨状を撮る、そこからもう、ゲームなんですよ。
車の屋根の上に乗って、ゾンビ達に絶望的な抵抗する男。
無数がゾンビ群がり、ゆすられているバス。
爆発、炎上するスタンドから、よろめき出る炎に包まれたゾンビ。(あるいは人間?)
ビルの屋上で拳銃片手に果敢に抵抗する女は、やがて弾丸が尽き・・・
その様子をムービーで流すだけじゃなく、プレイヤー自身ががフォーカスし、シャッターをきることで生まれる臨場感が素晴らしい。
どうしようもない無力感と、同時に、いいショットを撮るとポイントが入るらしく、そこにえもいわれぬ背徳感も生まれる・・・凄い。

そしていよいよショッピングモール。
そこから先は、まさしく

ゾンビ・パラダイス・アクション!
(ちなみにメーカー公式のゲームジャンル名よ?w)

とにか、ショッピングモールをうろついてるだけで楽しい!(≧∇≦)b
パラダイスとはよく言ったものです。ま・さ・に・楽園。
ゾンビ愛好家の極楽浄土がそこにはありました。素敵すぎ。

そろそろ再開したくなってきたので後は箇条書きで失礼(^_^;)

●死亡時、レベルやコスチューム(多分スキルも)を引継いで最初からプレイ出来ます。
一種の弱者救済策?
(バレットウィッチとか、XBOXだと多いね、このしすてむ)
が、難点もひとつ。
現時点で「中断」「途中のセーブポイントからやり直す」がわかんない(^_^;)
死亡時にはオードを聞いてくるんだけど、問題は本体電源を落とした後。
ほとんど丸一日やってたら、一度ローディングから帰ってこないことがあって、本体再起動からやりなおしたんだけど・・・
おかげで最初から(^_^;)
・・・でも全然気にならなかったケドね。楽しいから(笑)
・・・あ、でも誰かロード方法知ってたら教えてね?(^_^;)

●XBOX Liveのマーケットプレースで主人公のコスチュームが無料DL出来るんですが、北米版にもキッチリ対応してて吃驚。
途中スポーツ用品売場で、いかのもフィットネスクラブでハッスル中みたいなコスになっちゃって、やり直し時に冒頭のヘリの中でもその格好なのには爆笑でしたw≧∇≦
上記のシステムに気付いて、おかげで上記の恥ずかしい格好から開放されました(^_^;)

●ゾンビが無限。(しかも湧く)
これは賛否両論わかれるとこかも。
「ゾンビを掃討し、安全地帯に作って立てこもる」
もゾンビものの醍醐味ですからね〜。
武器に使えるオブジェクトは移動できるので、長椅子とか棚とかでバリケードは作れるので、ちょっと惜しいかな?

●写真関係で楽しいこと。
本屋にあった本を装備したら、ゾンビの顔のトコに「PP」の文字が!
距離によって色が変わるので、イイ写真を撮ると手に入るPP(ピクチャーポイント?)の位置とおおよその目安がわかるみたい。
で、そこに丁度、胸元の大きく開いたドレス姿の女性ゾンビ登場。
なんと、その胸元にピンク色の「PP」の文字が!(笑)
撮ったら案の定高得点でした!!(´▽`)
どうやらセクシーポイントがあるみたいですよ!さすがCERO Z!(ヤル気UP)

●写真関係で困ったこと。
写真とりまくってるとデジカメの電池がすぐ切れる( TДT)
充電するにはやっぱ、家電売場とか見つけないといけないのかな〜むむむ。

●イベント探しも楽しかったり。
生存者を救出できるんですが、最初の夫婦が楽しかった。
お互いに探してる二人を引き合わせたら、情熱的にハグ!
そこを激写したら、ありえない高得点!タノシスw
生存者をコンプリートする、ってコレクション要素もあるみたい。
(試しに放置して夜になってから向かったら、そこには誰もいず・・・)
あとテキトーにウロウロしてると「CASE-何々」ってイベント発生。
目的地に→が導いてくれたり、「クエスト」って感じ?
しかしあの狙撃手には勝てなかったよママン!o(ToT)o
これも再トライ時に別のことしてたら発生しなかったり。
で、画面に突然「スクープチャンス・ロスト!」とか出て、存外に悔しかったり(^_^;)

・・・あー、もう駄目。限界。
もっと書きたいことあるよな気もするけどもう我慢デキナイ!
そんなわけでプレイに戻るよ!See You!
DR_siawase.jpg

最っ高〜!!(≧∇≦)b
posted by るしは at 23:53| Comment(6) | TrackBack(0) | コンシューマーゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
北米版買おうかと思ったんですが…
体験版ですら何言ってるかわからなかったため断念…

英語が障害だ…
Posted by うすねこ at 2006年08月22日 01:08
この記事みて絶対買おうと決めましたw
でも描写のカットの可能性と購入時の年齢制限が厳しいですね。なんかSERO?が強制力強まったし。
Posted by ダン at 2006年08月22日 15:38
>うすねこさん

英語はそうですね・・・わたしもサッパリです。
英語わかるヒトがホント羨ましい。
なので日本語版も購入予定だったりします。
一つのゲームにいったいいくら投資するんでしょうか、コイツは(笑)

・・・おかげでウチの経済状態は笑い事ではありませんよ(泣)
Posted by るしは@管理人 at 2006年08月22日 19:14
>ダンさん

もしかしたら初のZ指定ゲームがデッドラ?
だとしたらカプコンが慎重になるのもわからなくもないですね。
描写カットは確実らしいので、ここは諦めるしかないでしょう。
(バイオ4みたくアンロック出来たらいいですね)
年齢制限の実態は、珍しく発売日にショップに赴いて見物しようかなぁ、なんて企んでますw
Posted by るしは@管理人 at 2006年08月22日 19:22
規制を厳しくしても店員がめんどくさいからという理由で誰にでも販売しないか心配w
近所の古本・中古ゲーム等の販売店は18歳以上対照ソフトをしっかりレジの前においてました。
どうせ通販で買ってしまえばこの努力も無駄なことなのにw
Posted by ダン at 2006年08月22日 20:10
>ダンさん

販売店様にはしっかり年齢制限販売を守って欲しいところです。
まら「血が緑色」とか勘弁ですから(笑)年齢制限はキッチリ守ってもらって、Z指定が素敵な無法地帯になるといいなぁ(オイ
Posted by るしは@管理人 at 2006年08月23日 14:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22642278

この記事へのトラックバック