2006年07月19日

森博嗣「封印再度」感想

WhoInside.jpg
森博嗣「封印再度」(講談社文庫)

毎回気の利いたタイトル(日本語&英語)で楽しませてくれる森作品ですが、この「封印再度」は絶品ですね。
「読み」でひっかけてるので、英語知識に乏しいるしはにも解り易いのがポイント。

「封印再度」(ふういんさいど)
「Who Inside」(フー・インサイド)


ですからね!カッコイイなぁもう。

さて、肝心の本編ですが、るしはにとって、これは最早ミステリに非ず!

ラブコメです。(断言)

↑のように断言してしまうと、他に語るべきことはないかもしれない。

作品のスタンスがミステリ(トリック)中心ではなく、明らかに二人の関係が主軸だし。(と、思う)

とにかくジタバタしながら読み終えました。
やっぱ犀川助教授は最高だ。

あと、最後の萌絵と国枝桃子のやりとりが面白かった。
二人が主役を張るらしい現在進行中のGシリーズが読みたくなります。

さて、次は順番から行くと「まどろみ消去」なんですが・・・
これ短編集なんですよね。
ちょい今は犀川モードなので(笑)犀川&萌絵が登場する「だれもいなくなった」だけ読んで、「幻惑の死と使途」に突入してしまいました。
あ、ちなみに他の短編も秀逸ですので、未読の方は是非どうぞ。
しかし、「だれもいなくなった」の犀川先生も痛快です。
血生臭い事件がなくてもイイんだ、という点で新鮮な作品でした。
犀川先生は日常的にカッコイイってコトですね。うは、惚れちゃうー

(この文のどこが感想なのだろう?)
posted by るしは at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック