2006年06月20日

森博嗣「冷たい密室と博士たち」感想

ケッチャム→クーンツ→マレルときて、さてお次はクーンツの旧作か、はたまた未読のマレルに手を出すか・・・
決めかねてる時に、何気なく手に取った副読本「100人の森博嗣」(既読)
これで一気に森熱が再燃。
昔、たまたま「すべてがFになる」を読んで、「ミステリ」と「萌え」(と言い切っていいものか)の同居に、そして何より主人公の(ひいては著者の)独特な思考回路に、ハマりましたね。
S&MシリーズからVシリーズ(当時は完結してませんでした)を一気読みしてしまいました。

DoctorsInIsolatedRoom.jpg
森博嗣「冷たい密室と博士たち」(講談社文庫)で、こちらの記事で書いたような理由で、S&Mシリーズ2作目の「冷たい〜」を読みました。
ま、実質的処女作はコッチだし、いいかな、と。

るしはは頭悪いので、トリックの欠陥を突いたりとかは出来ません。
てか、主要登場人物がみんな頭良すぎて、素直に感心するしかありませんよ?
その中で、頭一つ抜きん出た犀川先生、格好良すぎです。

しかし、久しぶりにミステリ読んだわけだけど、この定石パターン、事件発生→幾通りかの推理の試みと、さらなる事件→解明(犯人の指摘と、探偵によるネタバラシ)が、結構気持ちよいですよ。
ミステリ独特のカタルシスですね。
これに森博嗣独特の発想・思考に、素敵なキャラ(やっぱ犀川&萌絵コンビは良いです)が加わるわけです。タマリマセン。

いい塩梅にトリックとか犯人とか忘れてるので(「冷たい〜」は完璧に忘れてましたよw)しばらくはS&Mシリーズを通勤の友にしようかな〜と思います。
posted by るしは at 14:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ども。
おひさしぶりです。
テンプレ変わりましたね。うちも変えました。

ぼくも最近ミステリを読んでいます。
土屋隆夫を読んで、今は島田荘司です。
森博嗣はカバーデザインがカッコいいなあ、と思ったきりで読んでません。
明後日発売の 『あまなつ』 をやり終えたら読もうと思います。
Posted by あぷろん at 2006年06月21日 14:01
>あぷろんさん

お久しぶりです〜。
そうなんです、テンプレ変わってましたね、うち。

私が一番吃驚しました(^_^;)

いえ、テンプレいじろうかな〜っと、試行錯誤はしていたんですが、試してるうちに間違えて決定してしまってたようです。
いやぁ吃驚しましたよ(^_^;)

森博嗣は、なんとなく「日本人作家」っぽくないトコ(?)が気に入ってます。
しかし、ミステリって合う作品を見つけるのが難しいです。なんというか判断材料が少ないというか・・・(私だけかな?)
おかげで日本人作家のミステリで読んだのは笠井潔と森博嗣だけという・・・

「あまなつ」は・・・うう・・・あぷろんさんの感想を期待しますよ・・・くくぅ(´Д⊂
Posted by るしは@管理人 at 2006年06月22日 18:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19457301

この記事へのトラックバック