2006年06月24日

ミラジョヴォはバットマンに勝てるか?

新職場の問題点。

レンタル屋が近くにない。

・・・困りました・・・まぁすぐに色々観たりする余裕なんかはないわけですが、それでもねぇ・・・
「タイドライン・ブルー」はいいかげん観たいですよ(つд・)
嗚呼、いったいどんなラストなんだろう・・・ううう。
あと「キング・コング」や「ダーク・ウォーター」も観たいし・・・くすん。

で、本題はこちら。

「ウルトラ・ヴァイオレット」

カート・ウィマー監督の第2作です。
ちなみに1作目は「リベリオン」

これがもう大好きでして。

なんだか懐かしいテイストのディストピア映画で、正直そんなに面白いオハナシじゃないのですが・・・凄いのはソコじゃない。

それは「ガン=カタ」

この作品がでっちあげた最強戦闘術です。
語感から解るとおり、ガンとカタナの融合ですね。
と言っても、某有名RPGのガンブレードなんかとは違います。
ガン(銃)のカタ(型)なわけです。
ガジェットではなく、なんちゃって独特な武術(型)を作り上げてしまったのが、この映画の凄いトコロなのです。
そう、この映画に映画的面白さを求めるのは間違いなのだ!(断言)
ガン=カタを鑑賞するための映画なのだからっ!!

未見の人は是非レンタルかなんかで観てみて下さい。
ホント、凄いから。ガン=カタ。
たった一匹のわんこを守るため、体制に叛逆し、最後には体制をぶっこわしちゃう(オイオイ)ガン=カタ使い〈クラリック〉の雄姿を観よ!
(↑かなり曲解したアオリ)

で、予告編とか見るかぎり、わんこを少年に、クリスチャン・ベール(現バットマン役者)をミラ・ジョヴォヴィッチに置き換えた(だけ?w)のが、公開間近の「ウルトラ・ヴァイオレット」らしいのです。
ってか、先日発売したDVDデータかなんか見たら、ヴァイオレットの武術はガン=カタってはっきり書いてあるし!


・・・確か、今日から公開でしたっけ・・・
正直、観たい。劇場で。
でもなぁ・・・先週から単休だし、朝から閉店までの通し勤務が週3もある。
それ以外の日を定時であがるようにすれば(可能かしら?)なんとかなるかな?
・・・なんとかなってほしいなぁ・・・
「仮面ライダーカブト劇場版」や「サイレント・ヒル」も劇場で観たいしね。
あ、あと「ホワイト・プラネット」も。
う〜ん、なんくるないさ〜( ̄Д ̄)/
posted by るしは at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19350756

この記事へのトラックバック