2006年06月04日

雨木シュウスケ「鋼殻のレギオスUサイレント・トーク」感想

silenttalk.jpg
雨木シュウスケ「鋼殻のレギオスUサイレント・トーク」(富士見ファンタジア文庫)

前巻の感想でも触れましたが、この作品の最大の弱点は、主人公レイとんと、準ヒロイン、フェリの「戦おうとしない理由」の説得力不足にある、と思います。
(次点の弱点は、都市間抗争の設定を踏まえた上での学園都市の存在、ですか)

これだけハッキリ欠点を指摘出来るのに、読んじゃってる自分が不思議^^;

う〜ん、なんででしょうね?
1巻の魅力は、レイとんの超人的な強さ、その圧倒的カタルシスが、上記の弱点を補って余りある(と言い切るのは乱暴な気もするけれど)からだったわけですが・・・

1巻にして既に反則的な強さを誇ったレイとん。
どのくらい反則的かと言いますと、ドラゴンボールに例えるなら、最初の天下一武闘会にスーパーサイヤ人が乱入するくらい反則的(笑)

その突き抜けた強さを、2巻(今作)でどう扱うかが懸念材料だったわけですが(それこそ容易にジャンプ的インフレ構造になりかねない)そこは比較的上手く切り抜けたんじゃないでしょうか。
確かにさらに強力な汚染獣を登場させたり、しっかりインフレ路線のようでいて、仲間のパワーアップの可能性や、レイとん自身も決してキラ・ヤマト的無敵存在じゃない事の示唆があったりと(それでも最強には違いないのですが)ストーリー物としての展開の余地が準備されている感じでしたね。

そして、今回るしはが最もカタルシスを感じたのは、病室でのレイとんとニーナの会話。
レイとんがオーバーワークでダウンしたニーナに、剄息について淡々と諭すシーン。
格好よかったし、何より今後の展開を示唆する巧いシーンだったと思います。
レイとんは狂言回し&幕引き役的存在になるんじゃないかな、なんて予想してみたり。
(例えばワンピース、アラバスタ編のルフィみたいな感じのね)

結局、上記の欠点は解消されないままなで、ちょっと肩透かしと言うか、ある意味予想通り?という感じですが、今後の展開で巧く誤魔化して補強してくれることを望みます(^_^;)

それにしても、今回もリーリンの手紙の使い方と、彼女の存在感は効果的でした。
こういうトコも何気に気に入ってるポイントなのかもしれない。
後書きで、彼女の危機が予告されてるのが気になります。
「センチメンタル・ヴォイス」も、やっぱり読んでしまいそうですよ。
posted by るしは at 13:00| Comment(0) | TrackBack(3) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18547284

この記事へのトラックバック

鋼殻のレギオス2/雨木シュウスケ
Excerpt: 鋼殻のレギオス(2) サイレント・トーク雨木 シュウスケ 富士見書房 2006-05-20by G-Tools 【発端は幼馴染のリーリンからレイフォンに宛てられた手紙。偶然手にして、そっと開けてしま..
Weblog: ラノベ365日
Tracked: 2006-06-06 01:46

鋼殻のレギオス(2) サイレント・トーク
Excerpt: 鋼殻のレギオス(2) サイレント・トーク 著者 雨木シュウスケ イラスト 深遊 レーベル 富士見ファンタジア文庫  三冊隔月刊行だそうで。    人気blogランキングへ ..
Weblog: ライトノベルっていいね
Tracked: 2006-06-08 19:16

ラノベ「鋼殻のレギオス2」感想
Excerpt: 「鋼殻のレギオス? サイレント・トーク」☆×4 富士見ファンタジア文庫:著・雨木シュウスケ “悩める少女が強くて弱い少年に出会った…。超大ヒット!最強学園ファンタジー!” ??
Weblog: すたじおG
Tracked: 2006-06-12 22:45