2006年04月26日

グラナド・エスパダをやって、MMORPGについて考えた事。

光の威力を試すには、やっぱダウウンロードでしょ!
と、いうわけで、残念ながらPSUのクローズドβには漏れたっぽいるしはが、光環境での初DLに選んだクライアントは・・・・・・まぁパンヤだったわけですが(笑)
すいません、カジュアルゲームのクライアントで試すも何もないですね^^;
んで、次に選んだのが、丁度オープンβ中のグラナド・エスパダです。
さくっとはんびっと倶楽部に入会して、早速DL!

いや〜早いこと早いこと!
MMOクライアントのDL、以前のADSL環境だと下手すると一晩中かかったりしたものですが・・・・・・まあそれは極端な例ですが、それでも200〜300MBサイズだと、ン時間は確実にかかりました。
それが・・・・・
晩御飯作ってる間に終わっちゃったよ!Σ(・□・ )ビックリ

その後のパッチも早かった〜ちょっと感動モノでしたよ、ええ。
その感動を引きずりつつ、そんなにやる気のなかったグラナド・エスパダ(以下GE)をついついプレイ。
ge_1.jpg
(※画像はクリックで拡大します)

どうやら一人でパーティを組めるのが、GEのウリっぽいですね。
まず最初に家名選び。これが苗字になるわけですね。フムフム。
で、次に最初のキャラメイク・・・・・・とは言わないか、これ。
なんと、ジョブ選択とファーストネーム付けることしか出来ません!
いやね、何もOblivionみたいにしろとか、そこまで求めませんよ?
せっかくモデリングが悪くないのに勿体無いなぁ・・・・・・
まぁ、装備は外観に反映されるので、そこらで差をつけろって事なんでしょうが・・・・・・う〜ん。
ge_2.jpg
とりあえず導入クエストに従いドロップアイテム集め兼経験値稼ぎ。
小蜘蛛や大蜘蛛退治です。
序盤の難易度は驚くほど低く、アサルトモード(目的地クリック後、そのルートの近くのMOBに手当たり次第喧嘩売りつつ移動するモード)の手放し運転でOK。
順に現れるクエを素直にクリアしていくと、二人目のキャラが作成可能に。
ge_3.jpg
早速作ってみました。当然同じ苗字ですから、姉妹パーティってトコですか。
(てか、必然的に血縁パーティになるのよね・・・・・・なんかウザイな
ge_4.jpg
その後も順当にクエをクリアしてくと、順当に行動範囲も広がっていきます。
ここらへんの誘導は巧いと思った。
あ、でも二人目のジョブがスカウトなんだけど、回復職なので驚いたw
てっきりローグ系かと、ね(^−^;)
しかし、ここまで徹底した回復ジョブも珍しい。
だって、一切攻撃出来ないですからね!

そんな役立たずな妹を連れたアニア・マスケンヴァルの旅は続く!
ge_5.jpg
アニア「見てフランカ!なんかいかにもな建物があるわ!」
フランカ「え〜きっといいかげん強いのいるって〜帰ろうよ〜」

ge_6.jpg
ま、確かに要求スペックにしては、なかなか雰囲気のあるグラですわ。

ge_7.jpg
・・・・・・そして妹の予感は正しかった・・・・・・
         マスケンヴァル家の興亡(完


やってみて思ったのは、とにかくゲーム的なゲームだという事。
初代EQやウルティマのような、ゲーム性よりも世界観を重視する古い流れとは正反対の、今風なMMOですね。
システムは韓流ネトゲのオーソドックスなクリックゲーなので、戸惑うことなくプレイ出来ます。
イメージ的には、リアルなグラフィックで、自キャラでパーティ組めるラグナロク・オンライン。
(あくまで序盤の私的印象ですけど)

ちょっと話が飛びますが、Oblivionをやって特に感じたのは、やっぱロールプレイングゲームは、ロールプレイが大事なんだな、という事。
(あ、勿論るしはにとって、の話ですけど)
つまり、ごっこ遊びなわけですよ。
PC=自分。
だから、MMORPGという、他者とのコミュニケーションを前提とするゲームと親和性が高いんだと思う。

だからるしはにとって、主観視点のあるなしは重要で、移動方法も地面クリックではなく、「Wキー」で前進も、欠かせないポイントだったりする。
PC=自分であるなら、それが臨場感をもっとも感じることの出来るインターフェイスだと思うから。

昔FF11をプレイしていた頃・・・・・
その頃は仕事の拘束時間もハードで、猫の看病と同時進行だったせいもあり、数時間は軽くかかるFFのパーティプレイが出来ず、それはパーティ前提の作られたMMOを遊ぶにはかなりのストレスで(だって殆どの要素を楽しめないわけですから)とうとう引退したわけですが。

そうなると、自然と求めるのは「時間のかからない」「ソロOK」なバランスのネットゲーム。
EQ2も、MMOにしてはかなりライトなバランスでしたが、さらにライトなバランスのゲームに出会い、自然とそちらに移っていったのが・・・・・・

それが「ギルド・ウォーズ」。
GWは傭兵NPCを雇うことで、パーティプレイが出来たり、一度訪れた町は一瞬でワープ出来たり、クエストNPCも、Altキーで表示されるネームをクリックすれば自動で移動したりと、とにかく「無駄」を廃した、ひたすらゲーム的なゲームでした。

でも、ふと感じた違和感から、自然とログインしなくなり・・・・・・
パンヤで羽根を伸ばす毎日だったわけですが・・・・・・

その違和感の意味が、Oblivionをやって氷解したわけです。
結局、求めていたのは「臨場感」や、その「無駄」な部分だった事に。
仮想世界で自分の分身を演じ、その仮想世界自体を楽しむ事。
そこに喜びを感じたからこそ、移動手段はひたすら徒歩のバーバリアンで無駄に泳いでは「水泳スキル」の上昇に喜び、裸一巻での自分の死体からの装備品ルートにドキドキしながら、EQなんかを喜んでやっていたんだな、と。
そして、全員で事前にマップと攻略法を準備してあたるPSOのチャレンジモードが大嫌いで、FFのなんでもかんでもクリスタル爆発させるだけの合成にイチャモンつけてたんですよ、ね・・・・・・EQ2の、町から船での移動がカットされてるのも抵抗あったなぁ(ファージャニー号の描写があるだけに、ね)


と、まぁ、色々書いてきましたが、結局何が言いたいかというと、そろそろネトゲに復帰しようかな、という事なんですわ^^;

ただ、上記のるしは的希望を考慮すると、結構限られちゃうんですけどね。
個人的に一番思い入れのあるEQは日本語サービス終了しちゃうし・・・・・・
となると、後はEQ2か、FF、になるのかな・・・・・・
マビノギも捨てがたいけど、ペットは素敵なんだけど、自キャラのグラがなぁ・・・・・・
プレイヤー人数=サービス期間だろうから、長く楽しむなら、おそらくFFなんでしょうが・・・・・・
システム的にはやっぱEQ2なのか・・・・・・そういやEQ2は拡張一つも入れてないっけ・・・・・・

なんかとりとめもない記事になっちゃってますが、書いてる本人も結論が出てないのでご勘弁を^^;

あと、最後に一言。
何だかんだ言いましたが、グラナド・エスパダ、決して悪いゲームじゃないですよ。
カジュアルノリのMMOとしては、βなのに鯖も安定してたし、ローカライズもしっかりしてるので、かなりオススメの部類に入るんじゃないかな?
現在はβで無料だし、もうちょいやってしまいそうではあります。
posted by るしは at 02:54| Comment(5) | TrackBack(3) | ネットゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほどー。

>仮想世界で自分の分身を演じ、その仮想世界自体を楽しむ事。

私と同じ考えだ(・-・*)
如何に仮想現実で「生きている」と感じさせてくれるゲームがすばらしいですよね。
例えば何気なく窓にふと目をやると、目下には動く人や景色みえる。こんな当たり前かもしれないけど現実的なゲームに惹かれます。しかし、それでいてサクっと熱中できる「ディアブロ」のようなゲームも又好きなのですが^^;

私もDIABLO1から始まり、UO、FF11、PSO、EQ2・・・など数え切れず体験してきましたが、行き着くのはやはり、るしはさんと同じ理想なのかもしれません。私が今までプレイしてきたなかで「Anachy Online」「Ultima Online」などは面白かったですね。

ところでディアブロと言えばブリザード社から作成チームが解散し、新しく立ち上げたFlagship Studiosの「Hellgate:London」が開発中のようですが、どうなんでしょうね。ちまたでは「DIABLO2.5」なんて呼ばれてるみたいで、ちょっと期待してます(笑)
XBOX360ネタとしては、カプコンが作成中の「LOST PLANET」を今日知りこりゃ凄そうだとウキウキしてます。体験版が5月7日らしいですし!公式ページにムービーもあるので、是非見てみてください(FPSが苦手でしたらごめんなさい^^;)
Posted by at 2006年04月27日 00:41
↑名前忘れてしまいました( p_q)
Posted by とも at 2006年04月27日 00:42

>ともさん

ガッテンしていただいてありがとうございますw

いや〜しかし、今までUOとかFF11、PSO、EQ、EQ2なんかはプレイ経歴で重なった人いるんですが・・・・・・
AO経験者様は初めてですよ〜^^
AOは、某紙の特集で惚れ込んで、英語サッパリなのに頑張ってユーザー登録した最初の海外系MMOだったりします。
ローカライズしてほしかったなぁ・・・・・・
(当時はクエの読解に挫折して、無料期間で降参しちゃったんですけどね・・・・・・今ならもうちょい根性で頑張れたかな?)

UOはインターフェイスの複雑さに早々に撤退しちゃったのですが(若かった・・・)やっぱ世界を味わうには、UOは良いんでしょうね。
う〜ん、考えちゃうなぁ。UOも主観アリのポリゴンだったら文句ナシ、なんですけどね。
やっぱり「臨場感」も欲しいので。
そういう意味ではウルティマXの開発中止は残念だったです・・・・・・

そして私もSACREDなんかをやってるくらいなので(サクっとしたRPGもやっぱ大事ですネ)勿論ディアブロ経験者でして・・・・・・ですから当然「Hellgate:London」にも期待してますよ〜♪
私、DOOMの世界観が大好きなので、DOOMライクな世界観、FPSとMORPGの融合したようなシステムは楽しみでなりません。
これはローカライズも決定している事ですし、当然「買い」であります^^

ちなみに、私FPSは大好きですが・・・・・・とても下手です。下手の横好きって奴ですね^^;
では、早速「LOST PLANET」見に行ってきます!

それにしても、モロにツボなコメントありがとうございました!一瞬心を読まれてるんじゃないかと思いましたよw
おかげさまで真夜中に独り、滅茶苦茶盛り上がってしまいました^^
Posted by るしは@管理人 at 2006年04月27日 02:29
こんにちは。
TRPGのように、演じ切れるゲームがあるといいですねぇ。EQ2はドラマチックなストーリーがあって仲間と楽しめますが、悪人倒すのを順番待ちしたり、倒した悪人が数分後にRe Popすると遊園地的な感じがしてしまいます。
一人一人のしたことが世界を変えていくようなMMORPGって出来ないですかね。
かくいうわたしはDiablo→UO4年→EQ2三ヶ月ですが、疑問を感じつつギルド運営に忙しくて他のゲームが出来ません(>_<)。
世界に没入できるMMORPGがあったらわたしもやりたいなぁ。
Posted by precog at 2006年04月28日 18:04

>precogさん

>一人一人のしたことが世界を変えていくようなMMORPG

あったら、理想ですね〜・・・・・・ウットリ

「遊園地的」っていうのも、納得の表現ですよ。現在のMMOを言い得てると思います。
なるほど、まだまだアトラクションレベルって事ですね。

「世界」を作るのには、大多数の接続者を「主人公にし得る」システムを要するネットゲームより、もしかしたらシングルRPGの方が向いているのかもしれませんね。

そうそう、TRPGで思い出しました!
D&D Online日本サービスされるんですよね!
モノがD&Dだけに、「演じきれる」内容を期待してしまいます^^
Posted by るしは@管理人 at 2006年04月29日 17:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

グラナド・エスパダ、新プロモーションムービーを公開
Excerpt: ハンビットユビキタスエンターテインメント(以下、HUE)は、4月21日よりMMORPG「グラナド・エスパダ」の新プロモーションムービー「バトル編」、「新大陸編」、「キャラクター編」全3編を、公式サイ..
Weblog: 無料で遊べるMMORPG!
Tracked: 2006-04-26 21:18

倶楽部はんびっと公認ネットカフェ限定で「ベレムの箱」をゲット
Excerpt: ハンビットユビキタスエンターテインメントは、MMORPG「グラナド・エスパダ」において、4月28日より5月23日午前9時まで、倶楽部はんびっと公認ネットカフェ限定イベント「ベレムの箱をGET!イベン..
Weblog: 無料で遊べるMMORPG!
Tracked: 2006-04-26 21:22

グラナド・エスパダ、スクリーンショット&セリフコンテスト開催
Excerpt: ハンビットユビキタスエンターテインメント(HUE)は、現在オープンβサービス中のMMORPG「グラナド・エスパダ」において、スクリーンショットコンテスト「肖像のマエストロ」および、セリフ入れコンテス..
Weblog: 無料で遊べるMMORPG!
Tracked: 2006-04-26 21:29