2006年04月18日

エバークエストの事。

殆ど時を同じくして、二つのエバークエストの『サービス移管』が発表されましたね。

エバークエスト2(以下EQ2):スクエニ→SOE
エバークエスト(以下EQ1):ガマニア→SOE


ここで二つの『移管』の違いに注意。
EQ2の場合、最初からアカウント管理をしていたSOEに文字通りの『移管』なので、以降もなんら変る事無くプレイが可能。(の、はず。)
しかし、EQ1は・・・・・・これは『移管』というより『撤退』ですね・・・・・・
日本鯖は消滅し、キャラデータをUS鯖に移してのプレイになるのだから。

EQ1の事実上『撤退』には、なんだか感慨深いものがあります。

思えば、るしはが初めてMMOの楽しさに触れたのが、US鯖で右も左も言語もわからずにプレイしたEQ1でした・・・・・・
初ログインした瞬間、外人プレイヤーに声を掛けられ、大慌てで『I can not speak english』『I am japanese』とタイピング。
すると彼は一言『cool!』と言って去っていったのでした・・・・・・鮮烈なネトゲ初体験でした(^−^;)

そして、ついにso-netによる日本語版サービスが決定すると、即クライアントを購入。
雪に閉ざされたハラスの大地は、今でも故郷、って感じがします。
ブラックバロウで、一度死体がワープしてしまった事がありまして、仕方なくGMコール。
るしはが初心者プレイヤーであった事と、死体のワープが通信ラグによる事故である事から、GMさんは
『死体をここに移動することも出来ますよ?』と、言ってくれたのですが、そうなると俄然冒険心が沸き起こり
『いえ、場所さえ教えていただければ、頑張ります』
とイキがる新米PCに、GMさんは苦笑しつつといった感じで
『無理だったら言ってくださいね』と見送ってくれたのでした・・・・・・
あーホントso-net体制のGMは素晴らしかった!
勿論プレイヤーの総数が少なかったから、きめ細かな対応が出来たんだろうけど、あくまで冒険者を応援するという姿勢は、ノーラスに対する愛に溢れてた気がする。(言いすぎ?)

それがso-netから、ガマニアに移管され、DirectX9対応パッチの遅れあたりから、なんか雲行きが怪しくなって、GMのサポート時間短縮の発表で不安がいや増し・・・・・・拡張パック「ゲート・オブ・ディスコード」に絡むコメントが、なんとなく撤退を匂わしているような気がしたので心配していたのですが・・・・・・
ついに、『撤退』。

現在課金していない身なので大きなことは言えないですが、やっぱり、寂しいですね・・・・・・

そして、EQ2のスクエニ撤退。
こちらは『移管』で、SOE体制になっても日本語環境でプレイ出来るわけですが・・・・・・
旨味のある商売だったら、スクエニが手を引くわけないですよね・・・・・・
もしかしたら、遠くない将来、EQ1と同じ道を辿るんじゃないか・・・・・・
そんな不安を感じずにはいられません。
心配しすぎかな?
どうなんでしょう、現在のノーラスは。賑わっているのかな?それとも・・・・・・

あーホント寂しい。
EQ1の日本でのサービス停止は5月30日。
それまで、ちょっと復帰してみようかな・・・・・・残りの1ヵ月半、故郷の最後を見届けるのも、悪くないですよね。
posted by るしは at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック