2006年01月18日

『武装錬金ピリオド』と『BLEACH』

やー、ついに完結しましたね『武装錬金』
うまく風呂敷を畳んであったんじゃないでしょうか?
やっぱアレだバトルシーンじゃないと上手いわ和月氏。
バトルシーン以外にも、メイン以外のキャラの立て方とか
錬金戦団の組織設定の見せ方とか
「錬金術」自体の扱い方とか、色々勿体無い所はあります。でも・・・
トキコさんのウェディング・ドレス姿でオナカイッパイデス(´д`)
ドラマCD買うね!もう義務的な勢いで!

赤丸ジャンプ、昨日はコンビニ立ち読みで済ませたので、今日は仕事帰りに買っていかなければ、ですね。(やっぱり買うのは自分の店でw貢献貢献♪)
で、立ち読んだ後、うちのアルバイトちゃんから借りた『BLEACH』@〜S巻を1日かけて読破したわけですが・・・

ある意味『武装錬金』と対を成す漫画だな、と思いました。
『BLEACH』って、ある意味
ジャンプ的展開で成功した『武装錬金』なんですよね。
(あるいはジャンプ的展開を外して失敗したのが『武装錬金』)

両作ともウルトラマン・パターン(本来の戦士が一般人に『力』を託す)であり
最初は化け物が敵として襲い掛かり、後半、対化け物組織側が主人公の敵に回る
という基本的な展開の類似性。
でも、やっぱ作家が違うと選ぶ選択肢も変わるものですね。

例えば、和月氏が、友人達をあくまで『戦う側』には置かなかったのに対して
久保氏は、友人達に『力』を与え、戦友したり、とか。
組織(人間)が敵になってからの描写もそうで、久保氏がジャンプ王道の
『必殺技』と『必殺技』の応酬を選択したのに対し、
和月氏は、その『武装』の特殊性にのみ心を砕き・・・結果的に
見栄えのイイ対決の構図を見出せなかったり。

『必殺技』と同じく、ジャンプ王道の展開に
『覚醒(もしくはパワーアップ)』がありますね。
所謂『海王拳』『スーパーサイヤ人』です。
『BLEACH』では、それが段階的に活用されてました。
『シ解』『卍解』、半ホロウ化、最近の『限定解除』・・・
一方の『武装錬金』でも『ヴィクター化』というのがありますが
主人公自身がその変身に否定的で、殆んど使わない・・・

そこらへんがウケなかったのかなぁ(特にお子様に)・・・なんて
『BLEACH』を読みながら考えてしまったるしはでした。

『BLEACH』はやっぱり面白いですよ。
キャラ造形も、バトルシーンの見せ方も。
あらゆむ面で『武装錬金』に勝ってる。
そりゃ、20巻以上続くほど、売れるわけですよ。

でも、人間必ずしも「面白いから」好きになるわけじゃないんよね。
どんなに非の打ち所がないほど面白かろうが、やっぱ
トキコさんが頬赤らめたりすんのにはかなわないわけですよ。

あー、これでもうトキコさんのお姿を拝めないのは寂しいですね〜(T−T)
後はコミックス最終巻と、ドラマCD待ち、ですか・・・
CDの配役、どうなんですかねー?
トキコさん役(ド忘れ)あってるといいなぁ・・・
CD売れて、そのまま盛り上がって・・・んでアニメ化とか、駄目?
ホラ、『ブラックキャット』みたいに不意打ち気味にね?(^−^;)
posted by るしは at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック