2006年01月16日

PS2版「仮面ライダー響鬼」に感涙

ps2hibiki.jpg
いや、マジデマジデ。
響鬼前半(路線変更前)を愛する者にとっての
まさにマストアイテム。
作品イメージを、ここまで見事に再現したキャラゲーは、ないんじゃないでしょうか!?

正直アクションゲームとしての出来は最低だとは思いますよ?
微妙な出来のポリゴン、同人ゲーム以下じゃないかと思われる動き・・・でも
それが奇跡的にも、響鬼独特のイメージの再現に成功してるんですよ。
(気のせい?(°_°;))((; °_°)気のせい?)

るしはのツボをつく部分の再現性が高いのポイントですねー。

スタートボタンを押すと緑大猿が『モワッ』とか
当然声は演じる俳優さんが担当していて、ヒビキさんは掛け声に腰が入ってないとか(笑)
一方トドロキ君の掛け声は格好イイとか(『音撃斬・雷電激震!』)
各魔化魍戦の背景が本編のとおりであるとか
ゲームオーバーになると明日夢君が「ヒビキさん!」とか・・・etc

しかしなんといっても、やっぱり自分で音撃できるのが、ね。
もー、タマンナイわけですよ(^−^)
しゃくねつしんくのかたーっキャホータノシー!

このソフト、今日遊びに来てくれた鬼戦士・酷鬼(ヒデキ)さんが持ってきてくれたんですが
これは明日にでも買いにいかなければですか?
確か新宿あたりじゃ、新品3千円くらいで売ってたはず・・・迷うね(^−^;)

それにしても、響鬼も次回で最終回ですねぇ・・・
posted by るしは at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11786428

この記事へのトラックバック