2005年12月27日

種デス FINAL PLUS「選ばれた未来」

なにやら特番があるのは知っていましたが、内容・・・というかどんなつくりの番組なのか、全然知らずに観たわけですが・・・
最終話のディレクターズカット版だったのですね。
最終話+追加新作フッテージ・・・それでFINAL PLUSか、ナルホドね。

では感想いってみますか。

るしはの種デス全体の感想は「素材はイイのに調理法が駄目駄目」なわけですけれど、今回の新版最終話・・・
旧最終話に比べると断然良かったですね。
あ・く・ま・で、比較論ですけど。
ガンダム史上最もぐだぐだで締りのない最終話であることは変わらないのですが、一部の追加フッテージに、ちょっとそそられる部分があったものですから。
では、どこらへんがソソラレポイントだったかと言いますと・・・

@ラクスが議長に就任した。
Aアスランとカガリの離別が決定的に証明された。

@ですが、まず、るしはは種デスでのラクスの隠遁が、まったく理解に苦しむところだったので。キラはね、まだわかるんですよ。最愛のフレイ・アルスターだけを、彼は守れなかったわけだから。
(逆に、フレイを引き摺る描写が皆無で、いつの間にやらラクスと固い絆で結ばれてるのが、キラ×フレ派るしはには面白くないトコロなのですが)
でも、前作ラクスの採った行動は、はっきり言ってクーデターですからね。真に平和を願い、その指針を持ち合わせているのなら、指導者を失ったプラントを、その手で導くべきでしょう。
なのに、意味不明な隠遁なんかするものだから、ホラ、ギルなんかが台頭しちゃったじゃないですか。
まぁ、2年遅れで本来あるべきトコロに収まった、って感じですね。
でね?横にイザークがいるのがまたね?たまりませんよ?
おっとりラクスの横でわめくイザーク。それを隣でなだめるシホ、とかもう脳内妄想始まってますよ?
(落ち着け、落ち着けるしはっ)
しかし、冷静に考えるとですね、じゃぁキラの立ち位置はどうなってるのでしょう?
公式の場にいなかったようですが、だからと言ってキラだけオーブにってのも、ねぇ。
実際、追加フッテージに「命令を下すキラ」の姿が認められるわけですし、ギルに決然と言い放ってるわけですから、また一線から身を引くような選択はアリエナイし・・・
はっ!Σ( ̄□ ̄;)
もしかして闇の宰相トカ!?
あ、ラクスの意に沿わ造者を闇に屠る最強のニンジャー!とかでもイイね!
(あ、いや、冗談ですってば)

Aラスト、アスランはメイリンと同じ方向へ帰ってますね!
まぁ、製作者のインタビューでも、さんざん「アスランとカガリの恋は勘違い」発言ありましたから、今回を見るまでもなく確定だったわけですけど。
思えば種デスに顔を顰め始めたのは、カガリ拉致のあたりからだったなぁ・・・
これは以前の感想でも書きましたが、国家元首のくせに、国に戻ろうともせず(責任放棄)いざ戦闘が始まるとしゃしゃりでて「戦うな」・・・もうアホかと。
しかも、その行動ををキラやマリューはじめ、前作のメインキャラが支持してるアリエナイ構図。いやもう、本気で幻滅してましたね。
あの頃はミネルバ側の描写が一服の清涼剤でしたよ。
そして、極めつけが、あの反則金色MS・・・
これで、最終決戦までしゃしゃり出られたらどうしよう!?と、かなり本気で心配していたものですが・・・そこらへんはわきまえてくれたようで。ホッ。
しかも、アスラン、カガリの離別。
正直、どうせ前作キャラの相関図は不動でしょ「つまんね」と、内心思っていたので、これはホント意外でした。同時にるしはの溜飲も下がり(笑)これもラクスと一緒で、やっとあるべき姿に落ち着いたなぁ・・・と。

しかしまぁ、改めて観てみて、やっぱりグラディス艦長の選択は理解に苦しみますね。
子供残して心中ですか?
パトリック某といい、このヒトといい、コーディネーターって子供への執着少ないんでしょうか・・・(だとしたらそういう描写が要るわけですけどね、まったく)
タリアの場合、子供が欲しくてギルと別れた過去があるわけで、なおさら首を捻らざるをえないですよ。
さらに、レイを心中に誘うのも、?です。「明日」のためにギル撃ったんだから、生かしてあげなさいよ!通り過ぎるキラもキラだ!(あぁアスランも同罪デスね)
ま、キャラ責めても仕方ないか・・・(T−T)

では、後は戯言をいくつか・・・
アスランやシン、ホーク姉妹の立場はどうなってるんでしょうね?オーブ?プラント?
とりあえず両陣営の指導者が知り合い同士(アリエネw)になったことだし、C.E.においそれと世界大戦は起こりそうもないですね。もう種シリーズは打ち止めかな?
あぷろんさんが嘆いてるように、とても面白くなりそうな遺伝子ネタを内包していただけに、続けてほしい気もしますけど・・・むしろ、まったく別のスタッフで、新しい世界観を構築してもらった方が良いのかな?SEEDじゃなくて、別のガンダムを、ね。
あ、最後の握手シーンですが、まぁ、別にイイんじゃない?
シンも意思を他人に預けるところあるから、キラなんてぴったりデスね!最強だし、あらゆる意味でw(皮肉)

それでも種デスには、感謝してる部分もあるんですよ。
アスラン・ザラを好きになったのは、やっぱ種デスでの駄目っぷりを観てからですからね!
ありがとう、福田監督。(棒読み)
さて、HDから削除、と。
posted by るしは at 23:32| Comment(0) | TrackBack(1) | ガンダムSEED関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

種デスFINAL PLUS「選ばれた未来」感想。
Excerpt: 久しぶりの種デス感想です。 ちょっと遅くなったのは勘弁をm(_ _)m まあとにかく種デス総括として、言いたいことを全部書いておきます。 ネタバレいっぱいありますw まだ見てない方ご注意を!
Weblog: 種と月を語るブログ TYPE-0 SPEC2
Tracked: 2005-12-29 05:22