2006年12月17日

デニス・レヘイン「闇よ、我が手を取りたまえ」感想

現在の読書モードはすっかりハルヒづくしです。
おかげでSFマインドが復調気味。
ついついストロスの新作買ってしまったり。
ま、気紛れなんでどうなることやら、って感じですがw
では、すっかりUPを忘れていたレヘイン第2作感想を。
Darkness,TakeMyHand.jpg
デニス・レヘイン「闇よ、我が手を取りたまえ」(角川文庫)
内容(「BOOK」データベースより)
このドーチェスターの街で、マフィアに狙われる人間の依頼を受けることは、最大の自殺行為だ。そして探偵パトリックとアンジーのもとを訪れた精神科医ディアンドラも、アイリッシュ・マフィアとのトラブルを抱え、息子の命を脅かされていた。躊躇しかけるパトリック。しかし彼の背中を、永遠に生きつづけるつもりなの、とアンジーが押した。だが二人が飛び込んだのは、この街と住人が二十年にわたって隠蔽してきた、想像を絶する深い闇への入り口だった―。よりハードに、よりスタイリッシュに進化した極上のディテクティブ・ノヴェル。

レヘイン(ルヘイン)については、最初に読んだ「シャッター・アイランド」から出来る限りネタバレを回避した感想を目指してたんですが・・・
こういう作中の展開が蓄積されていくシリーズ物だと、前作のバレをも回避すると何も書けなくなることに気付きました。
・・・どうしよう?
例えば、(続きを読む)
posted by るしは at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする