2006年12月12日

涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ版)

先日、PONさんがYouTubeの日本のテレビ局の要請による動画の削除に苦言を呈してらっしゃったが、さすがに全話をバッチリ見れちゃうのは、販売元としては心穏やかではいられないだろうなぁ、と思ってしまいました。
まー(これはPONさんの記事へのコメントにも書きましたが)画質は悪いし、漢字字幕は入ってるしで、コレで満足出来ちゃう人は結局DVD買ったりとかはしないだろうと、るしはは思います。
むしろ宣伝になってイイと思うんだけど。
現に、ここに宣伝効果が。
「涼宮ハルヒの憂鬱」DVD収集決定ー!(≧∇≦)b
haruhi.jpg
もともと原作小説(角川スニーカー文庫)も、ヲタ層(管理人含むw)だけに独占させるには勿体無いほど面白かったわけです。
宮部みゆきの「ブレイブ・ストーリー」が文庫化の際、スニーカー文庫版を別途出していましたが(あと創竜伝なんかもやってたね。古っ)ハルヒは逆に普通の角川文庫版を出すべきだと思う。
るしはは最近はレヘイン一辺倒だったわけですが、久しぶりに読み返し、電車の中で笑いを噛殺して逆に「ぶへっ」とか珍妙な音を響かせてみたり。

あ、アニメ版の話でしたね(^_^;)
さて、その涼宮ハルヒのアニメ版。
放送がU局だったので本放送を見れず、レンタル屋とも縁遠くなって今まで観れなかったわけですが、上記の理由で全話鑑賞。
ま、アニメ版ハルヒの感想なんて激しく今更ですが、あえて。

必見です。

これはアレだね、ハルヒをそこらへんに氾濫してるエロゲ原作ヲタアニメだと誤解しているロートル(?)向けに判りやすく一言で説明するなら

現代版「うる星やつら」

うる星で一番好きなのは劇場版2作目「ビューティフルドリーマー」なんですが、全話観終わった感想はそれに近かった感じ。
本放送では時系列をバラバラにして既存のファンの度肝を抜いた本作も、DVDでは時系列順にリリースされてるのでご新規ロートル(?)にはレンタルなんかがオススメですね。
1クール作品なので、まとめて観るにも収集するにもお手ごろです。

しかし、噂の京都アニメーション作品を初めて観ましたが、凄い凄い。
AirとかフルメタとかKanonとかも観たくなっちゃうね。
posted by るしは at 11:01| Comment(6) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする