2006年11月19日

「AKIRA」感想

※この記事はあくまでアニメ映画「AKIRA」の感想なのですが、とりあえず長い前振りである愚痴におつきあいください。
(しかもアニメカテゴリでゲーム愚痴だYO)


というわけで愚痴なんですけどね…

…ギアーズやりたい!やりたいよ!

本編はかなり短いらしく、アジア版ゲットした皆さん既にクリアのご様子…
しかしそのコンパクトさこそが、今のるしはには羨ましく。
それが満足度の高い濃密な「瞬間」ならなおさらに。

どうやらバレットウィッチみたいに追加配信で楽しませてくれるらしいですね。
(そういやバレッチ、新コスと追加ミショーン来たコレ?)
あとシナリオモードをオンラインで協力プレイ出来るとか下手の横好きゲーマーるしはにぴったりではないですか。
ま、それにはギアーズが必要なわけだがっ!
畜生!早く来い!イチガツーっ!

んで、Games Japan Festa 2006の体験レポを読むと、どうやら音声は日本語吹き替えなようで。
原音+字幕モードは収録されてないのかな〜
やっぱシットやファックやマザファッカが乱れ飛ぶ(と予想される)戦争モノは、吹き替えじゃ雰囲気出ないからなぁ。
ま、アジア版持ってれば別にどうでもいい話?…マザファッカ!( ̄Д ̄)/

ところで、むくつけき男達、特に主人公の声は誰なんでしょうね?
やっぱ玄田哲章?あるいは大塚明夫?
るしはとしては、ここは石田太郎氏にお願いしたいところ。
理由はうすねこさんの記事読んでもらえばわかりますよね?
あの声で「SOLだ。SOLを使うぞ」って言って欲しい!

おかげで久しぶりに観たくなってしまってAmazonで「AKIRA DTSsoundエディション」頼んでしまったですよ?
上映後出た作画修正版ビデオレンタル以来だから、何年ぶりだろ?すごーいブランクです。

と、いうわけでお待たせしました。(続きを読む?)
posted by るしは at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする