2006年11月01日

デニス・レヘイン「スコッチに涙を託して」感想

A_DRINK_BEFORE_THE_WAR.jpg
デニス・レヘイン「スコッチに涙を託して」(角川文庫)
内容(「BOOK」データベースより)
古都ボストンに探偵事務所を構えるパトリックとアンジー。
彼らのもとに二人の上院議員から依頼が舞い込んだ。
「重要書類を盗んで失踪した掃除婦ジェンナを探してほしい」
たやすい依頼に法外な報酬。悪い予感は的中した。
辿り着いた彼女の家はもぬけの殻、そして何者かに荒らされた形跡。
書類を探しているのは議員たちだけではなかった。
街に銃声が鳴り響き、屍が積み重なる。
戦場と化したボストンのストリートを失踪する二人の前に姿を現した澱んだ真実とは―。
「探偵パトリック&アンジー」シリーズ、待望の日本上陸第一弾。

現代のボストン、ドーチェスターを舞台にしたハードボイルド。
主人公、パトリック・ケンジーは勿論、職業・探偵。
パートナー(あくまで職業上の)のアンジェラ・ジェナーロは頗るつきの美女。
二人ともツーカーに洒落た掛け合いを嗜むタフ・ガイだ。

なんかいかにもハードボイルド小説のスタイル!
と、思わせて・・・(続きを読む?)
posted by るしは at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする