2006年10月10日

デニス・ルヘイン「シャッター・アイランド」感想

ShutterIsland
デニス・ルヘイン「シャッター・アイランド」(ハヤカワ文庫)
内容(「BOOK」データベースより)
精神を病んだ犯罪者のための病院で女性患者が謎のメッセージを残し、姿を消した。
鍵がかかった病室からどのようなトリックを使って脱け出したのか?
そしてその病室には「ローオブフォー」(4の法則)なる暗号がのこされていた。
連邦保安官テディは病院に赴くがある事に気をとられ、捜査ミスをおかす。妻を殺した男がここに収容されていたのだ。
ボストン沖の孤島に建つ病院で惨劇が始まる。挑発的仕掛けのサスペンス。

この粗筋だけで、容易に結末を予想できちゃう人は多いと思う。
だとしても、ページを捲る手は止まらないだろうし、その結末に、ある種の感情が沸き起こるのを禁じえないと思う。

続きを読む?(可能な限りバレを回避したつもりですが・・・まぁ自己責任でw)
posted by るしは at 00:11| Comment(0) | TrackBack(2) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする