2006年09月30日

.hack//Roots「Truth」「Determination」感想(になってないが…まぁいいか)

完結しましたね、Roots。
Rootsのみの視聴者にとっては「え?終わり?」って感じでしょうね。
実際、物語的には何も完結していないですから。
三爪痕の謎は解かれず、志乃は未帰還者のまま、物語は、G.U.「再誕」へと続く・・・

現在進行形ゲームの前日談を同じ主人公で描く、というコンセプトなので、最初からRoots単体での綺麗な結末はありえなかったわけですが、途中で挟まれるゲーム版やアニメ前作DVDのCMで、それは言わずもがな。
むしろこの作品自体がゲーム版G.U.のための大規模なCMだったわけだから、そういう意味では、るしはから見ると大成功だったように思えるな。
もしRootsを継続視聴していなかったら、はたしてG.U.のプレイ熱が冷めないまま「君想フ声」発売日を迎えられただろうか?

多少辻褄の合わないところがあったりもしたし、作画や動画としては稚拙なレベルの回も多かったけど、るしはにはとても心地よいアニメでありました。
G.U.で、彼らの噂話が聞けたり、あるいは当人と出会えたりするんじゃないか・・・そう想像しただけでプレイのモチベーションが上がるもんね。

うん、見て良かった。
posted by るしは at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする