2006年03月24日

猫の地球儀(焔の章):第一印象

nekonotikyuugi_homura.jpgあれから、七百年と半分が過ぎた。

冒頭の一文がコレ(↑)。どうです、そそりませんか?
唐突に放り出された『七百年』という気の遠くなるような時間と、それに続く『半分』という、いささか子供じみた表現に。
そして三行分の改行の後に、続く本文の最初の一行。

朧はもちろん猫で、牡で、おいぼれで、最後のスカイウォーカーだった。



何かの本で読んだのか、それとも誰か(もしかしたら国語教師とか)の言葉だったのか定かではなく、内容もうろ覚えなんですが、確か、こんな趣旨の言葉に、『あ、確かにそれってあるかも』と頷いた覚えがありまして。

『小説の最初の一文と最後の一文を見れば、その小説が自分に合うかどうか解る』

『猫の地球儀〜焔の章』(秋山瑞人・電撃文庫)の出だしの一文は、まさにるしは好みでありました。
あぷろんさん、薦めていただきありがとうございます。
結局iPodを一時封印して読み始めたるしはです。

さて、記事タイトルに『第一印象』とあるとおり、この記事は全編を通した感想ではありません。
現在るしはは65ページというまだまだ序盤を読み進めているに過ぎず(楽が喜びの踊りを踊っているアタリ)こんな半端なトコロで感想を書いても片手落ちで的外れなモノになるに違いないのですが……
でも、だからこそ書いておくのも面白いかな、なんて思ったのですよ。

というのも、何故か、昔読んだある小説を思い出したものですから。


続きを読む?(注・無駄に長文です)
posted by るしは at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする