2006年03月19日

FF12一発芸

花風乱れて花神啼き・・・
天風乱れて天魔嗤う・・・

斬魄刀解放!
posted by るしは at 16:44| Comment(3) | TrackBack(0) | コンシューマーゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPodと読書の危ない関係

金曜日の新刊地獄と翌日土曜の欠員閉店まで拘束の2HITコンボ。
・・・なかなかの被ダメだったようです。
昨夜は帰宅後、猫薬&ご飯を済ませると同時に沈没。
まさかパンヤする余裕すらないとは・・・
そして現在3HIT目の日曜恒例閉店まで拘束と格闘中です・・・
誰かるしはにFF12やる時間をください(T-T)コレカラ毎週コウナノヨネ……

さて、愚痴はコレくらいにして、記事タイトル、iPodの件ですよ。
iPodは携帯音楽プレイヤーで最も普及していると思うので
殆んどの方には激しく《いまさら》な記事になるとは思いますが
るしは的には晴天の霹靂といいますか、とにかく大変な事態なのですわ。
なにしろ、iPodが読書の天敵となってしまったのですから!!


続きを読む
posted by るしは at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

パンヤ日記その3

いえ、別にFF12がツマンネってわけじゃありませんよ断じて(^−^;)
ただヘトヘトなのでヤリコミRPGより、カジュアルゲームのが身体に優しいってだけですわ☆

で、今日もストローク3H(2人)で3週ほどプレイしたんですが・・・
さすがにヘトヘトなだけはあった。
pangya_038.jpg
意気揚々とパンヤショットしてますが結果は全て2位
有り体に言えば、ビリだ。
そして全ホール、パー・・・
クーのバーディ踊りを見なくなって久しいですねぇ。
クーというより、いっそパー子に改名するか!クハハハハ!!(←自嘲)
(まぁボギー子じゃないだけまだマシ?)

とりあえず回数はこなしたんでなんとかルーキーランクDに。
あ、肝心の証拠SS撮り忘れてた!・・・嘘じゃないヨ?(^−^;)

それにしてもこのゲーム、アクション中はアングルを自由に変えられないんで、SSがなんか似たり寄ったりになるのが残念。
せっかくポリゴンモデルが可愛いんだから、いろんなアングルで見てみたいですね。
posted by るしは at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新刊コミック発売地獄からの生還〜もんでんあきこ新刊に悩む

とにかく各出版者様に声を大にして言いたい事が。

新刊コミックの発売日、金曜日に全部詰め込むのヤメれー!(悲鳴)

なんで土曜日に振り分けないのかなぁ。
なにか戦略的あるいは止むに止まれぬ事情でもあるんでしょうか?
前にも書きましたが、マガジン、サンデー、SGX、ヤングジャンプ、花とゆめ
そしてクイーンズ・・・平積み40点オーバーって・・・

出せるかー!!(ノ`▲´)ノ

・・・いえ勿論出しましたけどね。シゴトデスカラ。
おかげでお昼休憩5時すぎでしたケド・・・(遠い目)

さて今日は結構な数の売れ筋があって、売上的にはウハウハです♪
その中で、るしは的に食指が動いたのが、もんでんあきこ氏の新作。
主に集英社で活躍している少女(レディース?最近垣根がワカンネ)漫画家さん。
好きなんですよ〜女性向けなのに、格闘技とか戦争とか
変わった主題をとりあげたり、人体デッサンが異様に上手かったり
るしは的にはかなり異色な少女漫画家さんなのです。

・・・でも、悩んだ挙句、決定を先送りにして今日のところは見送りです。
だってさ・・・・
問題のもんでんあきこ新作コミック。
posted by るしは at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

パンヤ日記その2

勿論FF12は買いましたしプレイしましたけど、1ストローク3Hくらいはしたいパンヤ心が止まらないるしはですコンバンハ。

昨夜、親切な方にスペシャルショットの事を教えてもらっちゃったので
もういてもたってもいられず公式コスチューム&コースガイドを購入♪
pangya_fanbook.jpg
帰宅の電車でふむふむ熟読のあまり途中下車し忘れそうになったのは秘密だw
危うく予約してたFF12買い損ねるとこでした(^−^;)

んで、早速トップスピンとか狙ってボールの上部叩いたり
コマンド入れ忘れて(馬鹿か)いつもとかわんなかったり
そんな駄目駄目な今夜のスコア(↓)
pangya060316m.jpg
・・・同じ−1なのにポイントで負け☆
この大差はなんなんでしょう?
やはり精進が必要ですわ。
でもFFXUもやりたい気持ちがアンビヴァレンツなトコロ。ううむ。

とりあえずFF12のファーストインプレッションは明日(もう今日ですが)の昼休みに時間がとれたらアップの方向で。
・・・もう3時ね・・・6時に起きられたら奇跡デス。
posted by るしは at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

SONY公式PSエミュに期待してみる。

皆さんもうFFXUやりまくってるんでしょうねぇ・・・
るしはは今日店長が会議で戻らないので、帰宅は遅くなりそうです。
んで、明日はマガジン、サンデー、SGX、YJ、白泉等のコミック発売地獄。
当然夜更かしなんて出来ません・・・ついてないなぁ(−−;)

そんなわけで(?)『PS Business Briefing 2006 March』のお話。
PS3の延期は容易に予想出来たし、HD搭載発表も、時勢を考えれば
当然なので、特に目新しくもなかったんですが・・・
るしは的に大注目がPSPでの発表。

『PSPでほぼPSのソフトを元のコードに近い形でエミュレーションできそうだ』
公式PSエミュレータキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
すでに独力でエミュレートに勤しんでいる方々には今更な発表でしょうが
PCの専門知識に乏しいるしはが、1番PSPに期待していた機能がコレ!
『ベイグラント・ストーリー』や『パラサイト・イヴ』『同2』
『TOBAL2』『トゥームレイダース』『エースコンバット3』
『アインハンダー』etc・・・
・・・こいつらがPSP上で遊べる日・・・
それはるしはが再度、PSPを購入する時でしょう!
(財政が許せばねw)
posted by るしは at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシューマーゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パンヤ日記

pangya06031506.jpg
この雪景色のコースがもぅ綺麗でキレイで(´д`)
そんなわけで今日もパンヤなのです。
今日は1時間近くもやってしまいました。
新米ゴルファーますけんばるの今日のスコアを晒してみる。

恥ずかしいスコア(´д`)
posted by るしは at 02:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ネットゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

コマンドー/ザ・シークレット・サービス

昨日、一昨日は、HDの中の録画TV映画をRに焼き付けながら布団でぐったりしていたるしはですよ。
今週からは土曜も欠員で閉店までだぜイェーイ!・・・カンベンシテクダサイ

ぐったりしながらも一応通して観れた2本の感想など。

commando.jpg
『コマンドー』(原題:COMMANDO)
シュワちゃん主演作の中では好きな一本。
テンポが良いし、脇役が『48時間』(バディ映画マイ・ベスト!)や『プレデター』等のバイプレイヤーなので観てるだけで楽しい♪
勿論この映画に重箱の隅をつついたり、とかは野暮ですぜ旦那(笑)
あ、でも今回久しぶりに観て、ちょいと物言いつけたいトコが2点ほど。

@ちょww劇判曲、まんま『48時間』なんですけどwww
もう曲が似てるとかそういう問題ではなく、単にアレンジじゃん、コレ!
作曲者が同じジェームズ・ホーナーだからいいようなものの・・・って、いいのかジェームズ・ホーナー!?
昔観た時に気付かないるしはもるしはだが。

Aなんと残酷シーンカット版だった。
いえ、劇場版との差異を言ってるのではなくてですね、昔TV放映されたバージョンより、カットされたシーンがあります!
・・・数秒ですけどね?
断面スッキリ腕ちょんぱ!等、数シーン。
おそらく局側の自主規制なんでしょうけど・・・
シュワちゃんが情け容赦なくブッコロしてくトコがブラックな笑いに繋がる本作で、んなゴアシーンだけカットしてどうすんでしょうね?
ゴアって程のシーンですらないですし。
チンピラまっさかさまのシーンの方がよっぽど残酷だと思うけどなー。
(そのチンピラ氏、48時間でもナイスなチンピラぶりを発揮してます。必見♪)
・・・でも、世の中にはあのシーンでご飯食べられなくなっちゃう繊細なヒトもいるんだ・・・と思い至るくらいには、るしはも大人になりましたよ。エッヘン。

InTheLineOfFire.jpg
『ザ・シークレット・サービス』(原題:IN THE LINE OF FIRE)
ジョン・マルコビッチ主演作(え
実は未見でした。堅そうな映画・・・そんな印象を勝手に抱いていたもので。
途中、かなりイイカゲンに(ご飯作ったりとかしながら)見てたのですが、中盤を過ぎて、そんな自分を激しく後悔。
終盤はもう、眼が離せませんでした。
要人暗殺映画(そんなジャンルあんのかな?)の傑作のひとつかも!
(全編しっかり見てないので断言できない自分が歯痒い)
イーストウッド(シークレットサービス)とマルコビッチ(暗殺者)の対比が、ちゃんと同格に描かれてた(ように見えた)のが良かったです。
今度しっかり観なおすとしますよ。
ところで、今回劇中描写で初めて知って吃驚してるのですが、ホントにシークレットサービスも囮捜査とかするの?
(よく考えたら、シークレットサービスについてたいした知識ないのよね)
女性シークレットサービスってのは、映画ならではの演出なんですかね?
それともホントにいる?
どこかで、第一条件がデカイコト・・・って聞いた記憶があるので、女性はいないと思ってたので・・・こりゃちょっと勉強が必要ですかね〜。
シークレットサービスに詳しい書籍などありましたら、是非ゼヒ教えてくださいませ!

それにしても、やっぱイーストウッドは山田康雄にかぎりますね・・・
最近作の吹替えが怖くて聞けない意外と保守派なるしはでした。
posted by るしは at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

スカっと転職 パン屋

本屋は大変なんで、転職しました!
新しい職場は・・・なんとパン屋です!
パン屋はいいよ〜ラクチンで♪・・・すいません、嘘です。
posted by るしは at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

SHOWBIZ COUNTDOW(3/12放送)

ショゥビズ感想連発!です(^−^;)

全米映画TOP10感想:
10 FREEDOMLAND(↓) 公開未定
早くも10位・・・これは日本ではビデオリリースかな・・・
今回紹介されたサミュエルとジュリアンのうろたえぶりが臨場感たっぷりで
逆に観たくなっちゃった(^−^;)
やっぱ芸達者だよね〜マスター・ウィンドゥは。

9 RUNNING SCARED (NEW)公開未定
う〜ん、こちらは映像見てもそそられず・・・スルーかな。

8 DOOGAL(NEW)公開未定
何故かオールCG映画ってあまり観ようとは思わないのが自分でも不思議。
ディズニーっぽい動物擬人化モノが多いせいかな?
インクレディブルとか観てみたいとは思うんですけどね。やっぱ毒がなきゃ。

7 FINAL DESTINATION3↓)2006年公開予定
冒頭の大惨事もさることながら、その後襲ってくる《死の運命》がね。
もーたまりません♪
1作目の先生の死に方とか職人芸でウットリw
実は2作目は未見なので、これを機会に観ておきますか。コワイケド。

6 ファイヤーウォール(FIREWALL)(→)4/1公開
新鮮味なしで急降下かと思いきや、6位をキープ。
腐ってもハリソンってことか、それとも観れば面白いのかな?

5 CURIOUS GEORGE(↓)8月公開予定
絵本のアニメ化・・・まず観ないでしょう・・・

4 DATE MOVIE(NEW)公開未定
ラブコメのパロディ・・・ラブコメあんまり観ないるしはには無縁ですかね。

3位 THE PINK PANTHER(→)5月公開
そうそう、ジャン・レノの使い方は、こういうのが正しいよね。
しかい、《反復ギャグ》好きにはタマラナイ映画になりそうですね、これw

2 南極物語(EIGHT BELOW)(↓)3月18日公開
何気に今一番観たい映画かも。

1 TYLER PERRY'S MADEA' FAMILY REUNION(NEW)公開未定
今年最高のオープニング記録ですって。
前作はスマッシュヒットなのに日本じゃビデオリリースもナシですって。
有名俳優の主演作は公開前から配給決定とかするのに・・・
こういうのなんとかしてほしいですよね!


ムービートピックス感想:
ラストデイズ(LAST DAYS)3月18日公開
ガス・ヴァン・サント作品って見たことありません。
ニルヴァーナもカート・コバーンも知りません・・・きっと観ないなぁ。

THE SHAGGY DOG 公開未定
こういうファミリー向けコメディも、あんま見ないるしはだったりします。
でもティム・アレンの四つんばい疾走は見てみたい気も(^−^;)
posted by るしは at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

SHOWBIZ COUNTDOW(3/6放送)

うひゃぁ危うく一週遅れちゃうトコだ(^−^;)大慌てでいきます!

全米映画TOP10感想:
10 ナニー・マクフィーの魔法のステッキ(NANNY McPHEE)(↓)4/15公開
4月はハリポタ炎ゴブDVD発売なんで、きっとスルーでしょう(^−^;)

9 BIG MOMMA'S HOUSE 2(↓)公開未定
2位から急転直下!と思ったけど、前回アマデミー賞特集だったので
2週間ぶりなんですよね・・・って、やっぱ急落な気が・・・

8 WHEN A STRANGER CALLS(NEW)10月公開予定
これまた急落ですね・・・まぁホラー映画はだいたいこうよね(^−^;)

7 FREEDOMLAND(NEW) 公開未定
ジュリアン・ムーアはどうしても『フォーガットン』を思い起こさせるし
マスター・ウィンドゥは『ありがちな役』だし・・・
映画の筋自体は興味深いけど、ぱっと見目新しさが感じられないんですよね・・・
主演2人の役柄に慨視感がなければ、もうちょっと違ったかも?
(サミュエル・L・ジャクソンは好きなんですけどね・・・)

6 ファイヤーウォール(FIREWALL)(↓)4/1公開
ハリソンもなんか変わり映えしない役だよね・・・新鮮味ないってゆーか・・・

5 FINAL DESTINATION3(↓)2006年公開予定
出ました!最新版『死に方見本市』映画第3弾♪
『死に方見本市』映画の元祖と言えばやはり『オーメン』。
『オーメン』で憶えたような気がするんですよね。
「次はどんな殺され方をするんだろう☆わくわく♪」
という非道徳的な愉しみをを。
そういう意味で、このシリーズは『オーメン』正当な後継者だと思うデスよ。
邦題は『デッドコースター2』かなー?(^−^;)

4 CURIOUS GEORGE(↓)8月公開予定
どうも動物の擬人化には興味がわきません。
擬人化って動物の魅力の大半をスポイルしてると思うんですけど?

3 THE PINK PANTHER(↓)5月公開
どうやら先週1位だったそうです。サスガ。
しかし、ジャン・レノ共演ってのに凄く嫌な予感がするんですけど・・・

2 DATE MOVIE(NEW)公開未定どうなんですかコレ?(^−^;)
『最終絶叫計画』未見なのでなんとも・・・

1 南極物語(EIGHT BELOW)(NEW)3月18日公開
前回過剰な反応を示した『南極物語』(ダッテキライナンダモン)ですが・・・
このリメイクはアリかもしれない!
だって大幅変更が加えられてるんですよ!

☆変更点☆
@隊員達はあくまで犬達を置き去りにするつもりじゃなかった。
A主人公が犬達を迎えに向かう!
B犬達8匹にそれぞれにキャラクターがあるらしい。
(つまり殆んど生き残ってくれるかも!)


やっぱりディズニー、いかに大多数の支持を得られるかを考えてますね!
まー、そのままリメイクじゃ愛護団体なんかに叩かれそうだもん。
あくまで実話に《ヒントを得た》物語にしたのは巧いです。
コレ、確認の意味でも観てみたい。
ちょっと予算的にヤバいんですけど、無理する価値はあるかもしれない。
大嫌いなオリジナルをどう変貌させ、どんな感想を抱かせてくれるか、興味深々。
18日公開だから、給料日後に観てみようかな。


ムービートピックス感想:
RUNNING SCARED 公開未定
下っ端ギャングに『幸せな家庭』があるってのが新鮮。
この家族の行く末、観てみたいかも。

アイス・エイジ2(ICE AGE 2:THE MELTDOWN)4月GW公開
だから動物の擬(以下略)
posted by るしは at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

続P3:デモDVD感想

感想:このソフト購入決定〜( ̄Д ̄)/

いきなりアニメムービーが始まって吃驚したるしはですコンバンハ。
てっきりデモムービーが数分垂れ流されるだけだろうとタカをくくってました御免なさい。
このふんだんなアニメムービーはゲーム内ムービーなのかな凄いな〜。
ディテール廃してシルエットと動きで勝負するような(アニメ版ブギポ的?)作画は
結構好みであります。
相変わらずこういう『アニメな』アプローチのゲームに弱い奴です。
でもゲーム内のポリゴンキャラの動きもなかなかよいですよ?
バランス的にはペルソナ2とノクターンの中間って感じかな。

コミュニティーと主人公の友好度が色々影響するシステムらしく
なんだかガンパレードマーチを彷彿させるシーンがチラホラ。いいね!いいね!
しかしやっぱ、一番イイのはペルソナ召喚ですね。
ハイ、撃ち抜きました、自分のこめかみを(^−^;)
撃った後の首がガクンってなる動きに萌えた。
早クコメカミ撃チマクリタイヨ!

いやはや今週のファミ通は買いですよ!このDVD付いて定価据置だもん。
昔TV版某姫のプレビューDVD(確か2〜3千円くらい)を買って
数頁の小冊子と僅か5分の予告映像という内容に愕然としたイイ思い出がありますが(笑)
それよか全然内容充実なDVDでした!
ま、勿論P3というゲーム自体に興味があれば、の話ですが。
本誌の速報記事見て食指が動いたら、多分買って損ナシ。
ちょっと幸せになれることうけあいですよ。

P3_banner.jpg(P3公式サイト)
posted by るしは at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシューマーゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

P3

午前零時になると訪れる《影時間》
そこで人間は直立する棺桶の型に《象徴化》され
その閉鎖された時の流れに気付く事はない。
そして《象徴化》せず《影時間》に迷込んだ者は、《シャドゥ》より精神を喰われる…

本日発売のファミ通の緊急速報をご覧になりましたか?
『P3』・・・そうアトラスのペルソナシリーズ第3弾です。
上記の設定がもう滅茶苦茶気に入りました!

『ペルソナ』シリーズ自体は、実はあまり好きではないのですけども。
《もう一人の自分》《社会に対する仮面》であるペルソナと
『メガテン』からの流れである《悪魔》の収集、合体要素との折り合いがね。イマイチで。
交渉してどんどん増える《ペルソナ》ってナニ?みたいな。

P3では、なんかそこらへんの齟齬もクリアしてるように読み取れるんですよね。
自由に《ペルソナ》を付替え出来るのが主人公のみ。
その主人公の特殊性が強調されてるようですしね。
コミュニティに対する態度(つまりは《仮面》ですね)によって変化する要素とか
やっとペルソナという単語を使うに足る内容になったか!という感じです。

そして、ビジュアルイメージ。
《影時間》の街のビジュアルが格好良くって!
ペルソナやソゥルハッカーズのゲーム内キャラグラフィック(悪魔絵師の設定絵じゃなく)
が好きだったので、P3のキャラクターもOKです。
ペルソナ召喚の儀式が、拳銃(型の召喚器)を自分に向けて引金を引く
ってのも、イイよね!
なんなんでしょう、この溢れんばかりの《死》のターム!

・・・これでいざプレイしたら『よくあるロープレでした』
って可能性も無きにしも非ずではありますが、ここはいっちょ期待しとくですよ!
なんかよく見たら、付録にDVDが付いてますね。
・・・って、P3のデモディスクじゃん!仕事早いねアトラスどうしたんでしょう!
ともかく、ちょいと見てみます。(たぶん続く)
posted by るしは at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシューマーゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

優雅に朝食を楽しむ貴公子

VFSH0370.JPG
と、いうより単なる過保護の怠け者にしか見えない・・・まあいいか。

だって体重増えたんだもんっ♪
前回4.84kg→今回4.98kg
一度のがっつき量はやはり以前より少なめなので、回数で勝負しましたよ。
『寒さ疑惑』の線がますます色濃くなってきたので
お布団でお気に入りの腕枕体勢であげたりとかね。(↑写真の図)
その甲斐あってか若干の増量で嬉しいかぎり♪

薬は前回量を減らしたばかりなので、現状維持です。
この調子で5`台に戻ってくれないかな〜。
う〜ん、とっとと暖かくなって!

★オマケ。今やすっかり健康優良児な我が家のツチノコ白猫様。
VFSH0373.JPG
だり〜ん。
posted by るしは at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

やばい。

ナニがヤバイって肩こりが。
特に昨日がヤバかったです。
映画で視神経疲れたせいか久しぶりの肩こり→頭痛コース。
まー、頭痛は数ヶ月に一度襲ってくる弩級の奴じゃなきゃイヴで鎮静出来るんだけど
その弩級がキタ!
昨夜のZ感想が4時間もかかったって信じられますか皆さん。
そのうちの3時間半はうつ伏せになって脂汗滲ませながらハァハァ喘いでたという。
(音声だけならかなり嫌なエロイ状況でした)
幸い夜半過ぎには薬が効いてきて、夜は眠れたんですけどね。

まぁ、弩級頭痛はたまになのが救いですが、最近は肩こり症状がホンっっっっト酷くて
肩や背中、首筋ならまだしも、腕とか末端部分まで普通に痛いです(T−T)
特に夜が酷くって、ここんとこのとびとびな更新もそれが原因。
職場での昼休み更新は、やっぱそうそうPCを自由に使えるわけじゃないし
使えても30分くらいですからね。なかなか・・・

訪問してコメントとかしたいブログ様もあるんですが、なかなかままなりません。
コメント返しなども遅れがちですが、気長に待ってやっていただけると助かります。

そろそろ根本的解決をはかるべきなのかな・・・
でもこういう医者って当たり外れが大きいくせに
博打代(診察料)が半端じゃなく高いので別の意味で頭が痛いです。
嗚呼、肩こり知らずなヒト、ほんと羨ましいよ?身体換えたいくらい・・・
posted by るしは at 15:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

機動戦士ZガンダムV星の鼓動は愛

VFSH0378.JPG
そんなわけで観てまいりました!星の鼓動は愛!
劇場映画鑑賞後恒例、頭痛に見舞われておりますが
頑張って感想書くですよ!やっぱ感想は直後に限ります!イテテ

まずはネタバレなしの総評などを。

星で点数を表すなら

★★★★☆(5点満点中4点)

ってトコでしょうか。
るしは的には大満足の部類です。
るしはの個人的TV版Z評は、ガンダム中『最低』だったりするので
そのZガンダムがここまで『観れる』というだけで吃驚ですよ。
基本的にTV版の再構成であるという前提の上で前作、前々作が許容範囲の人なら
間違いなく楽しめるんじゃないでしょうか。
頭痛が起こらなきゃもう1回観てましたよ、るしはは。
今まで一番嫌いなガンダム(MS)だったZガンダムを
不覚にもカッコイイと思っちゃったもんなぁ・・・
ラスト付近の、今まで見たこともない変形プロセスにヤられましたよ。
MS好きはあのカットだけでも観る価値アリです。

では追記部分でネタバレあり感想をば。

ネタバレ感想はこちら!観賞予定の方は自己責任でドゾ!
posted by るしは at 00:45| Comment(2) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

仮面ライダーカブト第6話:本編より予告編

う〜ん。新ライダー、最後に顔見せだけなら、前回予告編に出すべきじゃなかったんじゃ・・・
そこらへんの肩透かしで、ちょいテンション低めなるしはです。
あ、あの悪役っぽい別部隊の2人には笑いましたけど(笑)
あと、やっぱZECTの首領は審議官あらたっちパパだったんですねぇ。
今回やっと声で確信が持てました。
そして今回、本編より盛りだくさんだったのが次回予告!
やっぱマスクドライダーの中の人って変人とっても個性的なのね(^−^;)
・・・しかし、またアクの強いキャラ出てきて・・・あらたっちの立場は?(心配w)

あ、忘れるトコだった。
みさきちのキャラクターがどうもわかんないなぁ。
一転して味方ぽくなってたけど、彼女にもなんかドラマ欲しいよね。
posted by るしは at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無駄遣い記録:FとかBとか

昨日の日曜はハードでした・・・人手不足の上結構忙しくって(>△<)
日曜余裕があると、カブトやショウビズの感想も遅滞なくアップできるんだけどなぁ。

そんなわけで、まずはすっかり忘れていたU.C.前後に買ってたモノ晒しを。

スクウェア・エニックス公式 ファイナルファンタジーXII ワールドプレビュー
FFXIIWP.jpg
『ベイグラントストーリー』崇拝者のるしはにとって、プレイが義務のFFXU。
FFTA(GB版)との物語・設定的リンクは公式にアナウンスされてますが
FFT(PS版)のネタも欲しいとこです。不浄王カモン!
あと、やっぱベイグラとのリンクもあると嬉しいのですが駄目ですか?
今作の元老院の怪しげな人達を見てると、否応ナシにベイグラのシルエットの人達を
思い出さずにいられないのですが。いっそ《放浪者》カモン!
嗚呼、ヴァルキリープロファイルみたいに、ベイグラもPSPとかで復活しませんかね。
そしたらPSP買いなおしますけどいやマジで。
それにしても、松野泰己氏は今一体どうしてらっしゃるんでしょう。
体調不良を理由に急遽プロデューサーを降板されてから、音沙汰なくて心配です。
このムックでもインタビューに河津秋敏氏が応えたりしてるの見ると
別に河津氏に含むところはないのですが、やっぱ物寂しいですわ。
で内容ですが、昔FFの度に集英社から出ていたムックと同種の内容を期待していたんですが
恒例だった設定画が載っていなくてまた寂しく。
でも、情報をかなりシャットアウトしてたので、なかなか読み応えはありました。
遂に擬似MMORPGの登場となりますかね?
来週発売のゲーム本編、楽しみです。
(それまでにアルトネリコ終わるか不安だ・・・)


バテン・カイトスU 始まりの翼と神々の嗣子
BATENKAITOSII.jpeg
マグナスバトル(一種のカードバトル)は、やっぱ楽しいんですよ。
ここ数年で最も画期的なRPGの戦闘システムなんじゃないかしらん。
リアルタイム要素(防御とか)があるのがイイですね。
世界設定とマグナス(カード)が密接にリンクしてるのも。
Uでマグナスバトルに若干の変更が加えられたようで、その差異も楽しみ!
・・・とは言っても、プレイは暫くお預けです。
だって前作まだクリアしてないから!ヽ( ̄ー ̄ )ノ
(↑の文章の説得力が台無し・・・いやマジお薦めですから。GCソフトだけどネ)
posted by るしは at 20:31| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

はいだら日記

下の記事を書いてたらホントにやりたくなってしまいました(^−^;)
ANUBIS_SE.jpg
『ANUBIS(アヌビス) ZONE OF THE ENDERS SPECIAL EDITION 』
通常版はクリア済みだけど、スペシャルエディションは手付かずだったのです。
と、いうわけで掘り起こして久しぶりにやってみました!


うおっ、ナニこの面白さ!!Σ(・□・ )

画のクオリティ高ぇー!
オービタルフレームに手がついてる意味がちゃんとあるシステムに拍手!
操作感もイイよ〜レスポンスも良好!
回避→ダッシュ→ダッシュロックオンの流れが気持ちよすぎ!
こんなにいっぱい一挙にロックオンできたっけ!?
画面上のロックオンマーカーの数がトンデモナイ事に!
ロックオン無双?←無双経験ナシ(笑)

・・・これ、ホントに2年前のゲームデスカ?
U.C.なんかより全然面白いんですけどってか比較になんないよマジで。

あとね、要所要所に挿入されるアニメムービーのクオリティも馬鹿にならなくて。
井上和彦のヤサグレ演技がちょぅ格好イイ!惚れちゃう!
ゲーム用オリジナル作品だけあって、ゲームシステムと設定(物語)のリンクも巧い。
ディンゴ(主人公)とジェフティ(主人公機)の文字通り一体感とか素晴らしい。

惜しむらくは、ゲーム1本(正確には2本か)で完結するため物語が短いのが残念。
(アクションゲームだから、長さ的にはこれくらいが丁度良いんですけどね)
敵役ノウマンがややステロタイプだとか、マトモな軍人が殆ど彼しか登場しないので
バフラム軍がノウマンの私兵に見えて、いまいち《軍隊》の実在感に乏しいとか
惜しい部分もあるにはあるんですが、許す。

なんか最近不足気味だった《がんだむ成分》が充填されてくのがわかります。
たまには古い作品を振り返ってみるのもいいですねぇ・・・
これ、るしはには珍しくオススメとさせていただきます。
Fateさん!ロボットモノに抵抗なくて未プレイなら、コレなんかいいかも!
一応続編モノなんですが、主人公交代して仕切りなおしてるのでコレからでもOK!
(話的繋がりはあるので興味のある人は前作『ZONE OF THE ENDERS』もドゾ♪)


そのままスペシャルエディション限定版に付いてたマキシシングルを
iPodに落とし込んだりして(主題歌『Beyond The Bounds』は名曲です!必聴!)
久々に夜を徹したるしはでした♪はいだらーっ(≧∇≦)/>挨拶
posted by るしは at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシューマーゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

機動戦士ガンダム クライマックスU.C.をやってふと思ったこと。

『機動戦士ガンダム クライマックスU.C.』をやって、ちょっと感じた事を
だらだら書き綴ってみます。
climaxUC.jpg
ガンダムのアクションゲームをやってて、いつも思うのは
遠距離戦(銃撃戦)と接近戦(剣戟)の妙なミスマッチ感。
宇宙が舞台だと、基本的にフライトシューティング(FS)なんですよね。
FSに格闘ゲームの要素がミックスされてるのが、違和感に繋がるのかな。
スピード感が命のFSに、静止して相対せねばならない格闘戦、って取り合わせが。

ゲーム的にメインはFSなようで、格闘の描写(システム)はあっさりめ。
殆んど体当たりに毛が生えたレベル。
そのせいか、MSという、せっかく人型をしたガジェットを、凄くチャチに見えて。
そりゃ、格闘ゲームみたいな駆け引きを、接近戦に盛り込むのは難しいと思いますが
それじゃ人型である意味・・・つまりMSである意味が感じられないんです。

対するFSシーンも、姿形も見えない距離からのロックオン→撃墜ばかりで
スピード感=迫力が感じられない。
そもそも速度の概念はないし、ロックオンに至る(あるいは避ける)手順という
FSの醍醐味の殆んどが廃されてるし。
上下の概念が実質ないのもどうなんでしょう?
(そりゃ『ディセント』みたいな操作方にしたら万人ウケしませんけどね)

地上が舞台だと幾分マシに感じるのは、FPSの文法になってるからか。
地面っていう、説得力があるからかな?うむぅ。
(単にるしはがFPS贔屓なだけかもね)

ん〜、『アヌビス』では、そこらへん、もっと上手く処理してた気がするなぁ・・・
『アヌビス』は人型をしている意味があって、よかった。
(掴み、盾にしたり、投げたりとかアリ)
スピード感や爽快感もなかなかだったよね。(・・・なんかやりたくなってきた)


ガンダムゲームは、システムを根底から見直す時なんじゃないでしょうか?
単に使うボタンを増やして複雑化に走るだけじゃなく
バイオハザードが、ちょっとした発想の転換で、画期的に生まれ変わったみたいに。
この先次世代機に移行して、どんなにポリゴン数が増えてテクスチャが綺麗になっても
このままのシステムじゃ、余計ちゃちな感じが際立つだけのように思えます。

るしはにとってのロボットシューティングの殿堂は
非人型なら『ベルトロガー9』(PS)
BELTLOGGER9.jpg
人型なら前述の『ANUBIS(アヌビス) ZONE OF THE ENDERS』(PS2)
ANUBIS.jpg
今作のプログレッシブモードのように、アニメ的ストーリー仕立てで
キャラの好感度や選択肢により分岐があるシューティングという範疇なら
『エースコンバット3エレクトロスフィア』(PS)
ACECOMBAT3.jpg
以上の作品が燦然と輝いているのですが、残念ながら
『機動戦士ガンダム クライマックスU.C.』はそのどれにも及びませんでした。

でも、クライマックスU.C.、手放したりはしませんけどね。
なんと言っても、バグや鉄仮面様と戦える稀有なゲームですから!

・・・なんだ、そういう意味じゃある種、殿堂入りなのかな(^−^;)


あ、ここで一応言い訳しておきますけど!
るしはは別に、作品としてのF91が好きなわけじゃ、決してありませんので!
あ・く・ま・で!カロッゾ・ロナに共感出来たのと、バグが好きなだけですので!
(・・・相変わらずピンポイントで作品の一部だけを好きになる奴です・・・アハハ)


※注・上記るしは的殿堂ゲームは、あくまでるしはの主観に基づくものですので!
 『つまんなかったぞゴルァ』とか苦情は受け付けませんので悪しからず(^−^;)
 (まー古いのばっかりだしねぇ・・・)
posted by るしは at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシューマーゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする