2006年02月25日

笹荻!笹荻!

とりあえずこの記事を読んだ人!今日発売のアフタヌーン4月号を買ってね!
話はそれからだ。(つづく)

んでつづき。
↑で買ってねとか言ってますが、やはりコミックスを経て2月号以降を読んでないと
カタルシスは薄いですね。
って何の話かって『げんしけん』ですって。
るしは的今年最高のラヴ漫画賞内定済み(早っ)の『げんしけん』
笹荻クライマックスですよ!

皆さん読まれましたかこの展開。
これはある意味あからさまなSEXシーンよりエロイかもわからんよ?
(以下抜粋)

見られてる……
めくってる……
全部見てる……
笹原さんが!?笹原さんが私のを見て!?


台詞(モノローグ)だけ抜粋するとまんまえちーなシーンですが
単に漫画読まれてるだけのシーンなんですけどね。
ただ、即物的なSEX描写との符合をとりあげ『アルトネリコ』的に騒ぐ気は毛頭なくて。
荻上の『オタク的妄想』=『性的妄想』であると同時に強烈な『トラウマ』でもある
自作のヤオイ同人漫画(笹×斑)が
彼女の想い人であり漫画のネタである笹原本人に読まれている、という展開は
荻上というキャラの内面の深層に肉薄して、エロイよね。精神的に。

笹原も格好良かったな〜最高だオマイラ。

2006年は始まったばかりだけど、今年は笹荻を凌駕するカップルには出会えない気がする。
それほどに、るしはの琴線を震わせたのだ、荻上チカというキャラクターは。

2〜4月号はるしは家・家宝として永久保存とさせていただきます。
木尾士目先生本当にありがとうございました。

晩ご飯は赤飯にしよう。
posted by るしは at 21:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする