2006年01月09日

原作版『ハリー・ポッターと賢者の石』感想

harrypotter1book.jpg
思ったよりも早く読み終わってしまいました。
さすがに児童書カテゴリ、読みやすいですね。
しかし、これまた不思議な事です。
どちらかというとページがぎっしり活字で埋め尽くされているのを好み、創刊当時のスニーカー文庫(特にアニメ脚本あがりのページの下4分の3が空白で、書いてある文字はよりによって擬音、みたいなw)を毛嫌いしていた過去を持つるしはが、文字が大きくて行間スカスカな児童書を読んでニヤニヤしてるんですからね。
児童書読むなんて、それこそ児童だった頃以来ですよ。

では、感想いってみます・・・が。
スイマセン、映画版をふまえた上での感想になりそうです(^−^;)
映画版のちゃんとした感想を書いてないので、ちょっと公開するには不親切かな?とも思いましたが・・・もう完璧に映画版の情報が脳細胞にインプットされちゃってまして。
両者の観賞にある程度の時間差があればよかったんですが・・・映画自体も立て続けに見ちゃったし・・・
『賢者の石』『秘密の部屋』『アズカバンの囚人』は原作を読んでから、映画版も込みでの感想で失礼いたしますm(_ _)m

しかし、そうするとカテゴリ分類に困りますね・・・映画?小説?
いっそハリポタでカテゴリ新設しよかな。うん、そうする。

感想はこちら。(ネタバレ部分は反転してます。自己責任でどうぞ)
posted by るしは at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ハリポタ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする