2006年01月20日

『F.E.A.R日本語版』を求めて〜

ライブドアは大丈夫なんでしょうか?

いえ、ホリエモンがどうなろうと、知った事ではないんですが
数少ない洋ゲーのローカライズパブリッシャーである
livedoor GAMESがなくなるのは、洋ゲースキーなるしはには悲しいのですよ。

洋ゲー部門なんて、真っ先に割を食いそうですから、もう心配で心配で。
今市場に出ているソフトも、増産なんかされないんだろうなぁ・・・
なんて考えたら、あるソフトを思い出してしまいました。
年末、うぎね出費で諦めていた、あるFPSを。
ニドトテニハイラナイカモシレナイナー・・・
仕事を終えたるしはは、急行に飛び乗り、一路新宿へ向かっていましたとさ。

F.E.A.R.jpg
そんなわけで、無事ゲットしました『F.E.A.R日本語版』(中古)
どうやら、新品は市場からすでに消滅しているようでした。
先に発売された日本語マニュアル版ならあったんですけどね。
後発の日本語版は、出荷数少なかったんだろうなぁ。
なんにしろ、手に入れられてホッとしました。
ありがとう、新宿トレーダーに売ってくれた誰かさん!

この『F.E.A.R』、一見よくあるミリタリー系FPSに見えますが
パケの気味悪い少女画を見てもらえばわかるとおり、オカルト系です。
気味悪いクリーチャーが迫り来るホラー系アクションではないですよ?
所謂、『呪怨』系。
るしはは体験版(英語。現在は日本語版あり)で存分に怖がらせていただきました。
テロリストのアジトへ潜入する緊張した局面で、ふと耳元に聞こえる
少女の哂い声・・・
振り返ると、通路を横切る人影が・・・

キャ――――――――――――――――ヽヽ(≧▽≦)//

ぶっちゃけ、怖いから、というのも購入を見あわせた理由の一つだったりします。
ホラー、オカルト好きなのに、幽霊系は駄目なんですよね・・・
特に『呪怨』、アレは駄目。見たら、きっと死にます、恐怖のあまり。
予告編だけで、しばらくうなされましたよ・・・(−_−lll)

そんなわけで、もし恐怖に打ち勝てたら、感想アップするかもです。
まぁ、それ以前に、積みゲーを先になんとかしろ、という話もありますが。
・・・な、なんくるないさ〜( ̄Д ̄)/
posted by るしは at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

GW(ギルドウォーズ):SS撮る余裕もなく(汗

えー、今夜のGWプレイ日記はスクリーンショットなしでお送りいたします。

いや、意外と『武装錬金』記事がてこずりまして・・・
ログイン出来たのは、またしても23時半過ぎでした。
また30分ないのか(T−T)

確か今日(もう昨日か)からPvP解禁だったkくぁなー?などと思いつつ
時間もないしサクっとクエでもやりますかーと
頭上に「!」マークのNPCをクリック。
なんか「チャールが攻めてくるっぽいから偵察よろ!」と言われてゾーンすると・・・

・・・協調ミッションってナニ???

あれ?協力ミッションだったかな?・・・まあいいや(^−^;)
ともかく、指定のNPCのまわりはPCで埋め尽くされ、皆さんパーティを探してる模様。
NPCが「パーティ組め組め」言うのは、きっとソロじゃ無理なのね。
と、言っても残り時間も僅かだし、るしははさっさと傭兵NPCを雇用。
現在の最大人数の3人(ウォーリアー、レンジャー、クールなヒーラー黒ハート)を雇って
4人パーティ結成♪

んで、イザ敵陣へ偵察強行ー!


・・・そして果てしなく迷うマチルド一行・・・_| ̄|○
あぁ、これでPCが一人でもいれば
「おいおいそこ前通っただろオンチめ」とか、優しくさとしてくれるんでしょうけど・・・
全NPCパーティの悲しさですね。
誰もマチルドの間違いを正してくれません。(当たり前だ)
刻々と迫る終了時間・・・焦りました、久しぶりに。
迷いに迷いに迷いに迷って・・・遂に奇跡的にも、敵本隊を発見!
そして、始まるデモムービー!
激しく檄を飛ばすチャールの指揮官(蜥蜴顔)が拳をあげたその時!


回・線・強・制・切・断。
・・・24時まわってました(T△T)
ううう、明日リベンジしてやるううううううううううう

あ!明日といえば!よく考えたら、パッケージ版の発売日ではないですか!
ヤベー、予約してないや。こっちも焦んなきゃ・・・
posted by るしは at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

『武装錬金ピリオド』と『BLEACH』

やー、ついに完結しましたね『武装錬金』
うまく風呂敷を畳んであったんじゃないでしょうか?
やっぱアレだバトルシーンじゃないと上手いわ和月氏。
バトルシーン以外にも、メイン以外のキャラの立て方とか
錬金戦団の組織設定の見せ方とか
「錬金術」自体の扱い方とか、色々勿体無い所はあります。でも・・・
トキコさんのウェディング・ドレス姿でオナカイッパイデス(´д`)
ドラマCD買うね!もう義務的な勢いで!

赤丸ジャンプ、昨日はコンビニ立ち読みで済ませたので、今日は仕事帰りに買っていかなければ、ですね。(やっぱり買うのは自分の店でw貢献貢献♪)
で、立ち読んだ後、うちのアルバイトちゃんから借りた『BLEACH』@〜S巻を1日かけて読破したわけですが・・・

続きはこちら〜
posted by るしは at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

GW(ギルドウォーズ):10分間パーティプレイ

日曜夜は日曜恒例閉店まで残業だったので、GWはログイン出来ず。
今日(日付的には昨日ですね)は友人と焼肉行ったりそのまま家で洋ゲー囲んで
やいのやいの言ったりで、GWログインは23時50分(^−^;)

今日はパーティを組みましたよー(≧∇≦)/
gw046.bmp
NPCとですけどね(^−^;)
傭兵のアレシアさんです。(職業ヒーラー。ハゲ)
ちょっと無口なクールビューティ黒ハート
人見知りするのか、あんまり傍に寄ってくれないのが玉にキズ。

アレシア「これもビジネス。馴れ合う気はないわ・・・」

うわクール!格好イー黒ハート
(注:脳内妄想です)
そんなそっけない彼女も、さすがプロ!
gw047.bmp
戦闘ではバッチリマチルドをサポートしてくれましたよ〜。

ついでに倒したMOBの死体から、ネクロマンサーのスキル
アニメートボーンホラーで可愛い奴を召喚♪
gw050.bmp
わお、3人パーティですよー!(≧∇≦)/
ソロなのにっ!スゲー!
・・・ってトコで10分経過、今夜のβ時間しゅうりょーう。

この手軽さ・・・いいわー。
posted by るしは at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

PS2版「仮面ライダー響鬼」に感涙

ps2hibiki.jpg
いや、マジデマジデ。
響鬼前半(路線変更前)を愛する者にとっての
まさにマストアイテム。
作品イメージを、ここまで見事に再現したキャラゲーは、ないんじゃないでしょうか!?

正直アクションゲームとしての出来は最低だとは思いますよ?
微妙な出来のポリゴン、同人ゲーム以下じゃないかと思われる動き・・・でも
それが奇跡的にも、響鬼独特のイメージの再現に成功してるんですよ。
(気のせい?(°_°;))((; °_°)気のせい?)

るしはのツボをつく部分の再現性が高いのポイントですねー。

スタートボタンを押すと緑大猿が『モワッ』とか
当然声は演じる俳優さんが担当していて、ヒビキさんは掛け声に腰が入ってないとか(笑)
一方トドロキ君の掛け声は格好イイとか(『音撃斬・雷電激震!』)
各魔化魍戦の背景が本編のとおりであるとか
ゲームオーバーになると明日夢君が「ヒビキさん!」とか・・・etc

しかしなんといっても、やっぱり自分で音撃できるのが、ね。
もー、タマンナイわけですよ(^−^)
しゃくねつしんくのかたーっキャホータノシー!

このソフト、今日遊びに来てくれた鬼戦士・酷鬼(ヒデキ)さんが持ってきてくれたんですが
これは明日にでも買いにいかなければですか?
確か新宿あたりじゃ、新品3千円くらいで売ってたはず・・・迷うね(^−^;)

それにしても、響鬼も次回で最終回ですねぇ・・・
posted by るしは at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

GW(ギルドウォーズ):その30分は2年間に匹敵したといいます。

昨夜も、GWにろぐいーん。(膝の上には温かうじゃ装備。快適〜黒ハート
記事タイトルには30分とありますが、実は今日は早めにあがれたので
ナント!1時間ちかくもプレイ出来てしまいました!
・・・といってもサブジョブの決定に、30分は悩んで空費したのですけどね(^−^;)

 ☆サブジョブ☆
  FFXIで言うところのサポジョブですが
  FFと違うのは変更不可な点。
  サブジョブは能力に制限がかかるのは同じですね。
  これをほんの序盤で求められます。
  (るしはの場合、通算プレイ時間40分ほどで(^−^;))
  ただ、このゲームは膨大なスキルの組み合わせがキモみたいで
  『そのジョブの組合せじゃ駄目』みたいなことはないらしい。

色々悩みつつアスカロンを転々と、各トレーナーの元でスキルをお試しし・・・
サブジョブはメスマーに決定しました!( ̄△ ̄)/

そんなわけで野良牛退治!晴れてメスマーの資格ゲットだゼ♪
gw040.bmp
メスマーは、状態異常とか得意とするイヤラシ系キャスター
サブをウォーリアーにして暗黒騎士を気取る誘惑にも駆られましたが
やっぱし気分は魔法使い。
暗黒魔法&イヤラシ魔法で、スリザリン出身を気取る事にしました。ニヤリ。

それにしても、その後の怒涛の30分が中味濃かったこと!
チャール(敵の種族)を迎え撃つ兵として徴収されたと思ったら
なんかカウントダウンが・・・

で、ゼロアワー。突然プライベートエリアに強制ゾーン。
gw042.bmp
なんかいきなりマント装備してる!Σ( ̄□ ̄;)
しかもパーティ組まされてる!!Σ( ̄ロ ̄lll)
どうやらパーティ(PvP)のチュートリアルっぽいですよ〜。
「よくわかんね」とか口々に言いつつも、レーダーに敵MOBは赤表示されるので
4匹の戦争の犬達(+NPCの王子と側近達)は
憎き侵略者チャールの尖兵に(よくわかってないままw)躍りかかった!!
・・・・・・
gw043.bmp
・・・んで全滅した。(^−^;)
その後、別のダンジョンに飛ばされ(NPCの台詞見てなかったので理由は不明w)
先程の敗因は誰の眼にも明らかだったので、教訓を生かして各個撃破戦法で。
(相談したわけじゃないケド自然発生的にw)
おかげで善戦のうちにボスっぽい巨大なMOB&取巻きと闘っていると・・・
誰かがMOBに止めを刺したのか、それとも戦況とは関係ないのか不明ですが
突然始まるイベントムービー。
るしはが組み込まれた王子率いる遠征軍(主力だった?)のスキを突いて
チャールが新兵器でアスカロンの地に侵攻したらしく・・・




続きはこちら。(注!ネタバレあり!)
posted by るしは at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

アレカライッカゲツ

VFSH0154.JPG
もう?やっと?どっちかわからないけど一ヶ月経ちました。
一ヶ月経って、にゃーずの態度がかなり変わった。

@うじゃVer:とにかく、じゃれる、甘える、悪戯する。
 「ハラヘッターハラヘッター」
 「アソベアソベカマッテカマッテ」
 「オマエノヒザノウエデマルクナッテヤルー」
 とまぁ、五月蝿いことこの上ない。

AやむねVer:↑ほど積極的ではないけど、誘惑する。
 どってんばったん器用に肢体をくねらせ、無防備な腹部を晒し
 こっちに向けられた視線には意味深なメッセージ。
 「カマッテカマッテコッチミテテヲダシテヒッカイテヤルー」

個体差はあるものの、以前とは比較にならない積極的アプローチの復活。

うぎねの病状が悪化してから、このこ達はアプローチをしなくなってた。
もしかしたら、るしはが気付いてあげられなかっただけかもしれないけれど
だとしても、最近のように、的確に爪をたてちゃいけない箇所をガリガリして
こちらの関心を惹こうとするような悪戯は、一切なかった。

このこ達なりに、うぎねの具合の悪さを理解していたのかもしれない。
あるいは、飼主の余裕のなさを察していたのかも。

なので最近はいっぱいにゃーずをかまうるしはだ。
特にアプローチの激しいうじゃをかまいまくるゼ。
やむねは「遊んでスイッチ」が入ってない時は逆に嫌がるんだけど
やっぱりかまいまくるるしはだ。

さて、そんなここ一ヶ月のるしはの変化も記しておく。
前にも書いたけど、このブログの主目的は猫がらみのログ(記録)なので
ペットを亡くした飼主の状態も、やっぱり残しておかないとね。
ここから先は、この一ヶ月間のるしはの嗜好の変化を主に綴ってゆくので
フツーのヒトにとっては「なんじゃこりゃ」な内容になると思います。
「そういうの読みたくね」
って方が大半でしょう。勿論、スルーしていただいて結構です。

BるしはVerはこちら。(長いよ)
posted by るしは at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

醜いブログのコ

前々から思っていたんですが、このブログ、なんか読み難くないですか?

文章がダラダラ無駄に長くなるのはまぁ性癖みたいなものなので諦めてますが
なんていうか、ぱっと見の視覚的な『読み易そう』っぽさがね。
ナイなぁ・・・と、人様にお伺いを立てるまでもなく自覚してるわけなのです。

ギルドウォーズ(GW)の感想をアップされてる某ブログ様を訪れた際
ぱっと見読み易く、それでいて的確な短い表現でポイントを指摘するその内容に
うわあーカッコイイー(  ̄д ̄;)
・・・と勝手に比較して白旗状態のるしはですよ。

『簡潔に』とか『的確に』とかはるしはには難しいですが
せめて、『ぱっと見の読み易さ』は習得したいところです。
やっぱキモは改行ですかね?
以前両サイドバーのテンプレを使用してた時は、記事欄が狭いので
意識的にやっていたのですが、最近は書きなぐってるなぁ。
ちょっとるしはなりに工夫して、試行錯誤したいと思う今日この頃。
posted by るしは at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

ギルドウォーズ30分だけプレイ日記

帰宅してにゃーずにご飯&薬をやって、背油入りコッテリ醤油ラーメン(るしはは生麺党)にホウレン草をぶち込んだ晩御飯を済まし、一息ついて時計を見たら、23時30分。
・・・これは、アレかな?やれってことかな?
gw006.bmp
そんなわけでキャラメイクしてみました。
最近ハリポタ中毒なるしはは、当然キャスタークラスです。
色々見てみましたが、一番可愛い気がしたのでネクロマンサーで。
名前をハーマイオニーにしようとしたら、やっぱり取られてた(^−^;)ちっ。
まー、グリフィンドール寮生に死霊召喚師は似合うまい。(負け惜しみですがなにか?)
そこでダークな女の子といったら・・・やっぱりマチルドでしょう!(断言)
かくして、風雲急を告げるアスカロンの地に、ネクロマンサーマチルド降臨!

プレイ日記の続きはこちら。
posted by るしは at 01:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ネットゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人的に推しておくネトゲ関連出版物

hiplayer1.jpg
まずは、創刊号巻末の次号発売予定日を過ぎても一向に発売の気配がなく、るしはをやきもきさせていたオンライインゲーム攻略マガジン「Hi-Player」vol.2が、いよいよ今月末に発売です!わーい!v(≧∇≦)v
(↑の画像は前号のものです、念のため)
・・・しかし、ちょっと不安な事が。
それは配本数
実は前号、るしはの店ではたった4冊しか売れなかったのです(T-T)
配本数の決定は前号実績並みってのが殆どですが、全体的な売れ行きが悪いと実績以下、という事もありえるので、ちょい心配。
なんで売れないかなぁハイプレ。
電撃とかエンターブレイン、双葉社からも似たような雑誌は出てますが、無難な紹介記事に終始してるそれらより、るしは的には断然ハイプレを推しますけどねー。
まぁ、なんにしろ、創刊号で休刊にならずに良かったです(^−^;)

そして、同じく今月下旬に発売されるのは・・・
「エバークエスト2攻略ガイド」キタ(゜∀゜)コレ!
待ちに待ちました!しかし待っただけのことはある!
なにしろアドベンチャー・パック2種に、拡張ディスク『デザート・オブ・フレイム』まで対応してるのですから!
判型はA5判ですか・・・う〜んB5が良かったなぁ。エバクエ攻略本と言ったら、やっぱ昔NTT出版から出てたエバークエスト日本語版公式ガイドがやたら素敵な本でしたからね・・・(ちなみにコレ↓)
eqjofficialguide2.jpg
ホント読み物としても面白い本でした。そして勿論B5サイズ。
ネトゲの攻略本はB5が最適だと、るしはは思ってます。
プレイしながら開いたままに出来るし、やっぱボリュームが欲しいのよね。
最近のFFXI本、電撃を見習ってソフバもB5になったのは正しい選択です!
それだけにエバクエ2本がB5じゃないのはちょい悲しい。
(『でも、ほんのちょいです』byマリオン・コブレッティ)

この2冊を読んで、ネトゲ復帰の気力がもりもり湧いてくるといいなぁ・・・
posted by るしは at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

ギルドウォーズの微妙な時間

guildwars1.gif
ギルドウォーズ公式HPはこちら)は以前から気になっていたネトゲのひとつです。
ともかく既存のMMOの弊害(と、一概には言えませんが)である「膨大なプレイ時間」「先行者有利」「レベル差によるパーティ制限」徹底的に廃したゲームシステムは、やはり試してみたいところです。
β直前は承認メールに不具合があって、登録出来ない不具合があったようですが、現在は解消されてますので、時間がないけどネトゲ(RPG)がしたいという人はレッツ登録です。

ただ、いくら短時間プレイ可がウリとはいえ、β期間がRPGモードとPvPモード各1週間というのはともかく、プレイ可能時間が20時〜24時って・・・そこまで短くしなくてもいいのに(^−^;)
るしはは職場の棚卸が近いので、今月は残業がちになりそうなので、ちょっと微妙な時間帯。
これはお試しプレイは無理かな〜。
まー、まだガッツリゲームをしたい気分じゃないのでいいんですけどね。EQ2なんか課金してからまだ一度も繋いでないなー・・・まぁいいか。
ともかく、誰かプレイレポートよろしくお願いしますm(_ _)m
posted by るしは at 02:10| Comment(0) | TrackBack(2) | ネットゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

映画版『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』感想

haripotagobueiga.jpg
そんなわけで観てきました!映画版『炎のゴブレット』!
劇場まで足を運ぶの、久しぶりだったなぁ・・・(Z星を継ぐ者以来かな)
初回を観るつもりだったんですけど、昨夜帰宅が遅かったのと、原作『賢者の石』感想を書くのですっかり夜更かしになってしまったのが響きました。
思いっきり二度寝してしまいまして、起きたらお昼前でした(^−^;)
2回目に行くにもタイトなタイムテーブルなので、ゆっくり3回目に行くことにしました。

明日予定していたうじゃの検診を先にすませて、新宿へ。
電車の中での暇つぶし本は、勿論『秘密の部屋』・・・完璧だ♪
途中の金券ショップで前売り券購入。(当日1800円が1200円に♪)
劇場近くのマックでチキンフィレオのセットをテイクアウト。
開演10分前にチケットもぎってもらって歌舞伎町の新宿ジョイシネマ入館。
座席は最上段にしました。上段は結構急勾配で、これなら前の人の後頭部で画面が遮られることもありません。るしはは眼だけはいいので、画面から遠くても無問題。完璧だ♪

では、感想いってみます。当然ほとんどネタバレだけで構成されてますので、特に反転もしてません。自己責任でどーぞ!

ネタバレ感想はこちらです。
posted by るしは at 02:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ハリポタ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

原作版『ハリー・ポッターと賢者の石』感想

harrypotter1book.jpg
思ったよりも早く読み終わってしまいました。
さすがに児童書カテゴリ、読みやすいですね。
しかし、これまた不思議な事です。
どちらかというとページがぎっしり活字で埋め尽くされているのを好み、創刊当時のスニーカー文庫(特にアニメ脚本あがりのページの下4分の3が空白で、書いてある文字はよりによって擬音、みたいなw)を毛嫌いしていた過去を持つるしはが、文字が大きくて行間スカスカな児童書を読んでニヤニヤしてるんですからね。
児童書読むなんて、それこそ児童だった頃以来ですよ。

では、感想いってみます・・・が。
スイマセン、映画版をふまえた上での感想になりそうです(^−^;)
映画版のちゃんとした感想を書いてないので、ちょっと公開するには不親切かな?とも思いましたが・・・もう完璧に映画版の情報が脳細胞にインプットされちゃってまして。
両者の観賞にある程度の時間差があればよかったんですが・・・映画自体も立て続けに見ちゃったし・・・
『賢者の石』『秘密の部屋』『アズカバンの囚人』は原作を読んでから、映画版も込みでの感想で失礼いたしますm(_ _)m

しかし、そうするとカテゴリ分類に困りますね・・・映画?小説?
いっそハリポタでカテゴリ新設しよかな。うん、そうする。

感想はこちら。(ネタバレ部分は反転してます。自己責任でどうぞ)
posted by るしは at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ハリポタ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

とり急ぎ読了報告!『ハリー・ポッターと賢者の石』

出勤の電車の中で読み終わってしまいました・・・
harrypotter1book.jpg
キャホー!q(≧∇≦*)(*≧∇≦)pちょう楽しいっ!

やっべ、『秘密の部屋』持ってきてねーよ、どうする!?
購入候補の小説は結構あるんだけど・・・御免、駄目
ハリポタじゃなきゃヤダ!
ぐむむーこうなったら取置いてある副読本ホグワーツ校指定教科書「幻の動物とその生息地」「クィディッチ今昔」でも買いますかね。
あーもう、残り頁少なかったんだから持ってくればよかったのに馬鹿馬鹿馬鹿。

えーと感想は出来れば今晩中にアップしたいところです。明日は劇場で『炎ゴブ』がまっていますし!でも、まだ興奮状態なので変なコト書くかも!では後ほど!
posted by るしは at 16:09| Comment(0) | TrackBack(1) | ハリポタ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おいでよ、と森が呼んでいる。

映画「ホテル・ルワンダ」の日本公開も間近に迫り(ブンダバー!)、同じくルワンダ虐殺が主題のドキュメント小説を平積みしましょうよ〜と店長をせっついてみたのですが・・・(てか、るしはが読みたいだけだったりw)
Web発注しようといくら検索してもそのタイトルがヒットしません。
店長は店の検索システムや、取次会社HPでWeb検索をかけたりと、色々試してみましたが、結果は同じ。
首を捻る店長の横でるしははさかんに

「タイトルは『虐殺の森』ですよ、『虐殺の森』!」

と、連呼していたのですが・・・店長御免なさいm(_ _)m

正解は『ジェノサイドの丘』でした_| ̄|○
なに勝手にカタカナ変換してるんでしょうこの頭め!
さらに丘が森に!?・・・どこの風水師だゴルァ

つまり、それほどまでにが呼んでる、というわけですよ。
るしはがよく覗くブログ様でも結構プレイ日記を見かけるようになりまして。
記事を読んでると、やっぱり楽しそうだなぁ、って。
ゲーム内で服とか自作できるんですけど、FFXIのミスラやタルタルの初期装備を再現する猛者とかもいて、吃驚ですよ〜。賞賛称賛。
あと、Wi-Fiコネクションでしたっけ?任天堂の無線ネットサービス。
あれ、凄いですね。
PCにあんな小さなアダプタ付けるだけで、無線LANできちゃうなんて!しかも無料!
ちょっと前までネットには見向きもしなかった(ように見えた)任天堂・・・一体何があったんでしょうか?
DS本体がちょっとデカイのがSPに慣れた身にはアレですが、わんこも飼えるしなぁ・・・やっぱり柴&フレンズでコーギーかしら柴も捨てがたいよねウフフフフ。

なんか今、絶賛完売中みたいですね、DS。
ネットショップも軒並み売り切れ、最寄のゲームショップも全色完売でしたから。
ふ〜、危ないアブナイ。売ってたら買ってるところだ(^−^;)

oideyodoubutunomori.jpg
ds.jpg
やっぱブルーかなぁ・・・(こいつ買う気満々だよ?)
posted by るしは at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシューマーゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

・・・10000Hit!?Σ( ̄□ ̄;

あっはっは、めでたいですね1万ヒットですよ踏んだのは自分なんですけどね!

・・・_| ̄|○
posted by るしは at 22:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハリポタ中毒患者のうわごと

いったいるしはに何が起こったのでしょう?
このところ帰宅してまず最初にする事は、DVDプレイヤーにハリー・ポッター3作のいずれかのディスクをセットする事なんですよ?
こんな事は、中学の頃はまって飽きるほど観た『ブレードランナー』と、高校時代、毎朝食事時に欠かさず見て親に嫌がられた『死霊のはらわた』以来です。
今も1作目『賢者の石』を観ながら晩御飯食べてます。
haripota1.jpg
ハリーがマルフォイの挑発に乗って、初めて箒で飛び、ネビルの思い出し球を空中でキャッチする、一連のシークエンス。
マクゴナガル先生のリアクションがたまりませんよね〜。
てっきり、勝手に飛んだハリーを説教するために足早に連れていくのかと思いきや、クィディッチ(魔法界の人気球技)のキャプテンと引き合わせると、満面の笑みを浮かべながら
「シーカー(クィディッチの重要ポジション)が見つかりましたよ!」
あの厳格なマクゴナガル先生が!うーん、痛快♪
この後のクィディッチの試合も、ベタだけど爽快で。
SW『ファントムメナス』のポッドレースはまったく余計なシーンにしか思えないのに、こっちは、むしろ大歓迎な自分が不思議。

なんていうか、客観的な感想を書く自信がないですよ。
もう全肯定しかねない勢いです。
ここにいるのはレビュアーではなく、ただのファンですね(^−^;)

ロンムッコロ吃驚顔と困り顔は世界一ですねぇ〜。
ハーマイオニーの小生意気にツンと澄ましたオーバーアクトも観ていて気持ちよくて。
(実はハーマイオニーも困り顔スキルの所持者だ)
『賢者の石』のマルフォイは、まだ実力を備えてるように見えますね♪
(「アズカバン」ではただのスネ夫ですがw)
スネイプ先生の颯爽として陰湿な立ち振る舞いは、気味悪カッコイイし。
ハグリッドの純朴さと、ノせられやすさは微笑ましいし。
でも、やっぱりハリーがいいんだなぁ。
長年意地悪な叔父の家で疎まれつつ育ったのに真っ直ぐな性格で、でも完全な「イイコちゃん」じゃなく、真っ先にマルフォイに楯突いたりと、結構喧嘩っ早いトコとかね。

仇役が、ホントに不気味で邪悪な存在として描かれてるとこもるしは好みで。
誰もが恐れて名前を呼ぶことが出来ない「あの人」こと、ヴォルデモート卿。
そして、弱い心から卿に屈する、人間の負の部分も描かれているのが、「毒」のない健全ファンタジーに抵抗のあるるしはでも大丈夫なんでしょう。

粗は結構あるんですけどねぇ・・・なのに楽しく観れてしまいうという不思議。
う〜ん、これはまた最後まで見てしまいそうですよ?
(既に魔法使いのチェスシーンです・・・また寝不足かw)

今、丁度原作『賢者の石』を読んでいるところで、明日明後日あたり読み終わりそうです。
微妙な違いや、省略された箇所が興味深く、意味合い自体変わったシーンもあって、面白いですねぇ。
映画版も原作も、個別に感想アップしたいところではありますが・・・もうちょい冷静になったら、ですかね(^−^;)
今度の月曜は、やっぱり劇場へ足を運びますよ。4作目『炎のゴブレット』観にいきます!
・・・と、観ながらちんたら書いてたら、あららスタッフロールです。わはは。
明日は『秘密の部屋』だゼ♪
posted by るしは at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ハリポタ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

たまには少年漫画を買ってみたり。

■『アストラルエンジン』(上)原作/村上ひでお・漫画/中山敦支(ジャンプコミック)
asutoraruennjinn.jpg
まるでガンガンコミックみたいな表紙画。@巻じゃなくて上巻。元気が良くて、しかも達者な絵柄。充実した設定ページ&オマケ漫画。
そこらへんに惹かれて、初めて知ったタイトルだけど購入。
あ、うちの初回配本数が1冊だけだった、というのも妙な独占欲を刺激してくれましたね。
(格言『稀少本を求める者の最初の敵は目の前の書店員である』)

感想はこちら。(簡易版)
posted by るしは at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

最近のハヤカワ文庫装丁

あぷろんさんの「マイ・ベスト小説」記事でのあぷろんさんのコメントに、ちょっとインスパイアされてしまいまして。
インスパイアというより、「思い出した!」って感じでしょうか。
keijikuukann.jpg
『啓示空間』(アレステア・レナルズ・著ハヤカワ文庫)
発売当初、そのとんでもないぶ厚さと、この漢字4文字の(今風でない)タイトルに惹かれました。
昔から、漢字だけで構成されたタイトルって、何故か好きなんですよ。
(『武装音楽祭』とか『銀河赤道祭』とか・・・って全部同じ作家w)
そして、あぷろんさんも仰ってますが、カバーが格好良いんです。表紙の画が背表紙にかかってるのがなんとも。
再刊された『ベルガリアード物語』(とその一連のシリーズ)でも、背表紙に画が効果的に使われてましたけど(あちらは並べると1枚の絵に!)最近のハヤカワの装丁は巧いものが多くて唸らせられます。イラストの選択といい、「古い」「堅い」SF&ファンタジーのイメージから、上手に一般層へ浸透出来ているんじゃないでしょうか?実際売れてますしね。

『啓示空間』に話を戻しますが、発売当初は金銭難で、興味は持ったものの諦めざるをえなくて、そのまま忘却ってたのですが・・・あぷろんさんのコメントで思い出してしまいました。
店の棚の現物を見ると・・・やっぱり格好イイ!
ちょっとそそられますねぇ。
積み本がそれこそ小山を成しているので、ちょっと我慢のるしはです。

で、ほぼ同時期に、やはりカバーに惹かれたハヤカワ文庫がありまして。
kurisutarusairennsu1.jpgkurisutarusairennsu2.jpg
『クリスタルサイレンス』(上・下)(藤崎慎吾・著ハヤカワ文庫)
ただ、惑星のアップだけのシンプルな表紙画ですが、上下並べると、コントラストが素敵。
アップした画像は粒子が粗いので、実物の透明感、伝わらないかな?

裏表紙の解説を読む限りでは、どちらも読めそうな感じです。
今のハリポタマイブームが過ぎ去って、あぷろんさんオススメ本を読んだ後、移り気ななるしはの興味が残っていたら、買ってみようかな。
児童向けファンタジー→ラノベ→ハードSF・・・なんかるしはらしい流れです。(笑)

あ、そうそう、ハヤカワのイメチェン戦略、復刊のチョイスも巧いし、積極的にラノベ作家を取り込んだりと、るしは的にも大歓迎なわけですが・・・
『新装版・人形つかい』(ロバート・A・ハインライン著ハヤカワ文庫)
の、カバーには、物言いつけさせていただきます!
ninngyoutukai.jpg
・・・ちょ、いったいどこのルビー文庫よ!?Σ( ̄□ ̄;
既読のヒトは一瞬の茫然自失必至ですよ?ええ、なりましたとも。
posted by るしは at 01:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

湯たんぽ2匹♪

今朝は幸せでした〜(*^。^*)
朝起きたら、なんと蒲団の中にやむねが丸くなって居たのですよ!
るしはの反対側には勿論うじゃが丸くなってました。
朝からにゃーズと川の字だゼ♪
猫サンド(まさにホットサンドだ)体勢は超暖かいですよ〜♪やっぱ冬はコレだね。

今朝は寒かったですね〜やむねが蒲団にもぐりこむ程だから、雪でも積もったかと思いましたよ。てか、もう、いっそ積もって欲しい。
寒いのに雪がないなんて間違ってるでしょ!これだからトーキョーは!

レアな潜り込みやむねの写真、今回も撮れませんでした〜。
いや、幸せを満喫するのに忙しくってね?
遅刻ギリギリまで川の字だゼ♪
・・・でも猫記事で写真ないのは、やっぱ寂しい。と、いうわけで昔の写真をごそごそ探してアップしてみる。
VFSH0120.JPG
・・・君はラッコですか?
posted by るしは at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする