2005年12月08日

血液検査前日のうぎね君

VFSH0236.JPG
結構がっついて食べてくれてるうぎね君です。
いつもの純缶まぐろ&ささみ味が売り切れていたので、せっかくだからそそる味を模索かな〜
と、色々なメーカーの味を買ってみました。
今食べてるのは日清の『旬』(まぐろとしらす入り)です。
やっぱりささみよりしらすとか、鰹節入りの方がそそるのかな?
一缶ほとんど完食です。
・・・単に目新しい味だからかもしれないけど(^−^;)

しかし、それでも体重は下降線なのです(T−T)
今日の体重は3.88kg
ドライ食べてくれないですからね・・・
見た目の脱水も酷いので(背中を摘んでももどりが遅いです)
明日血液検査をすることになりました。
この様子だと、多分数値は悪化してるでしょうねぇ・・・
結果次第によっては静脈点滴という手もあるにはあるんですが
るしはも獣医の先生も今ひとつ乗り気じゃありません。
というのも、静脈点滴には通常の点滴より3倍近く輸液出来るというメリットはあるんですが
病院で24時間拘束での点滴になるなるので、猫のストレスが物凄いらしいんですよ。
それに、効果も必ず見込めるわけでもないそうです。
結局、末期の腎不全ですから、僅かな引き延ばしにもなるかどうか・・・
『それなら安心できるお家にいたほうが、ね』と、いうわけです。

どっちがイイかうぎねに聞けたらよいんですけどね。
ともかく、明日の検査結果を受けて、先生と相談するとします。

では、最後に右が怪しいうじゃ君です。
VFSH0230.JPG
↑は、まだ右脚がひょこひょこ状態でがっついたらコケちゃったの図。
今は薬が効いてきて、一見ではわからない程度のびっこです。
よ〜く見ると左右の瞳孔の開き具合が違ったりと、まだまだの様子ですけどね。
このコも当分は薬のお世話になりそうです(^−^;)
posted by るしは at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする