2005年11月13日

宇宙戦争(原題:War of the worlds)

wotw.jpg
原作を読んだのは、たぶん小学生くらいだったはず。
確か、かなり噛み砕いて翻訳された児童書でしたね。
鮮明に憶えているのは、2点の挿画。
地下室に忍び込んでくる人間探知用の機械の触手と、やはり
長い三本脚の頂点に載った箱から怪光線を放つ、トライポッドのデザインでしたね。
さすがにオチは憶えてますが、肝心のお話の筋はさっぱりですから
やはり児童書における挿画の影響力は甚大ですね。

その二つのイメージが見事に視覚化されていたので、それだけで満足してもいいんですが
贅沢を言わせてもらえれば・・・ちょっと惜しい作品だったかな。
※11/14誤字修正しました。よりによってタイトルを(^−^;)

感想はこちら。(ネタバレあり)
posted by るしは at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする