2005年08月30日

戦略大作戦

やっぱり休日夜間出勤が効いたみたいで、思いっきり二度寝してしまいました。
暑かったら寝苦しくて起きてしまうところですが、生憎というか幸いにというか、とても過し易い天気でしたからね・・・
おかげで起きたら昼過ぎでした!Σ( ̄□ ̄;)

バタバタと掃除洗濯に駆け回ってるうちに2時近く。
ようやく響鬼、エウレカの観直しと昨夜のガン×ソードのチェックを〜とTVを付けると
いきなりクリント・イーストウッドのドUPが!
しかも懐かしい山田康雄VOICEです。

「戦略大作戦」(1970年アメリカ)でした。
なんとなく眺めてるうちに・・・気付いたら最後まで観てました(^−^;)
あ〜録画しとけばよかったな。

出演は他にテリー・サバラスやドナルド・サザーランド。
サバラス氏は相変わらず刑事コジャック的年齢不詳さですが、イーストウッドとサザーランドは若いですね。
特にサザーランド!この人の若い頃の芝居は初めて観るかもしれなせん。
ヒッピーっぽい風体とトボケた演技がなんともチャーミング!
楽観論で心配性の部下を煙に巻く戦車部隊指揮官という、キャラクターも生きてます。
近作では悪の親玉っぽい役しか見かけませんが、結構味のある役者だな〜と認識を改めました。

一方イーストウッドとサバラスは、得意の役回をそつなくこなして余裕綽々。この二人の捻りのない芝居が、荒唐無稽な物語に「戦場のリアリティ」を持たせる一助になっているんでしょうね。
俳優の名前はわかりませんが、兵站部の口喧しい小男も楽しいです。

舞台はは第2次大戦中のフランス戦線。
偶然大量の金塊の在り処を知ったテリー(イーストウッド)が、3日間の休暇を与えられたのを好機と、仲間達と勝手にドイツ占領下の町の銀行に進攻する、という目茶苦茶なお話です。

もう思いっきり娯楽路線。
最近はこういう路線の戦争映画、見なくなりましたね。
ベトナム以降、戦争の悲惨さや、リアリズム路線の作品が多くなりましたが、たまにはこういう戦争映画も良いものですね。
そうかといって戦闘シーンの緊迫感、戦死者が出た時の物悲しさ等、全てがオフザケではありません。
このバランス感覚がるしはにはピッタリみたいです。
「ナヴァロンの要塞」より「ナヴァロンの嵐」派なるしはでした。

戦略大作戦.jpg
戦略大作戦
あ、でも吹き替えナシなのね、このDVD・・・( ̄-  ̄ )ウーン残念。
posted by るしは at 20:02| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2、6ときて遂に8

ええ、勿論うぎねの体重のお話です!

昨日の体重・・・4.88kg!!

順調すぎて、そろそろ怖くなってきました(^−^;)
ホントに5`になっちゃうのかな!?なっちゃうのかな!?
(まぁ落ち着け)

でもですね、このところ順調に0.02kgは増量ですからね・・・
次は5.00!?・・・って考えちゃいますよ〜(〃∇〃)
(だから落ち着け)

ともかく、まだ若干レアアイテムが硬めなので、もうちょいCatlax様の増量指示をいただきました。
前回ちょっと書いたワクチンですが、ほんのちょっと早かったので、次回にチックンすることに。
後は腎サポ缶とやむね&うじゃ用カリカリ、サプリのネフガードを買い込みました。
腎サポは24缶入り箱買いだし、カリカリも2`の大袋、うぎねの重さと相まって、坂道を押して登るにはなかなか厄介な重量なのですが
やっぱりうぎねの調子がイイと苦にならないですね♪
posted by るしは at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする