2005年08月24日

響鬼 二十八之巻 「絶えぬ悪意」

超がつくほど久しぶりの響鬼感想です。

えーと、飽きちゃったとか
そういう訳ではないんです。(( ̄_ ̄ )(  ̄_ ̄))

今一番楽しみに見てる番組は間違いなく響鬼ですから!

では何故響鬼感想が滞ったのかというと・・・
思いのほか感想を書く番組が増えてしまって
オーバーワーク気味だったことは確かなんですが。
響鬼って、るしははほぼ全肯定出来てしまう番組なんですよね。
突っ込み所が無いわけじゃないんですが
もうこっちが心を開いてしまってるので(笑)
単に「〜が面白かったです、まる」という
書く方も読む方も面白くもなんともない感想になってしまうという・・・
話作りも1〜2話のスパンで起承転結をキチンとしてくれてるので
あまり予想に戦々恐々しなくてすむというか(^−^;)
(勿論全体を通す大きな謎はありますが)

でも、これじゃいけないですね!

やっぱり盛り上げていかないと!
と反省することしきりのるしはです。
某超人みたいに打切りとか、路線変更なんか御免ですから!
本当に面白いので是非一度見てみてください!(≧∇≦)

では前置きが長くなりましたが、感想は【続きを読む】からどうぞ!
※8/25ちょっと文章修正。
 推敲はもっときちんとしないとですね(@^_^)ゞ

続きを読む
posted by るしは at 00:38| Comment(0) | TrackBack(2) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする