2005年06月30日

響鬼 二十一之巻「引き合う魔物」

歴代シリーズの定石に囚われない独創的設定。
丁寧に時間をかけて積み重ねる人物描写。
ウイットに富んだ演出。
楽器をモチーフにするだけある、素晴らしい音楽。
TVにしては意外と頑張っている特撮。

最近の特撮・・・否、TVドラマの範疇で比べても、卓越した作品だと思います。
土曜日に蓄積した鬱屈(笑)を、綺麗に洗い流してくれるのがこの番組。
もうゾッコン(死語)であります。

この二十一之巻、うっかりタイマー録画をミスってその日は一日悲嘆にくれたものですが、同好の志の好意で観賞が叶いました。
ありがとう!やっぱり持つべきものは同じ穴の狢ですね♪
※7月1日誤字等修正しました。は、恥ずかしい・・・
感想を読む
posted by るしは at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする